確定申告とは わかりやすく

スポンサーリンク




スポンサーリンク




確定申告とは わかりやすく記事一覧

確定申告とは わかりやすく 年金はどうすればいい?

公的国民年金等の遺族厚生年金や障害恩給、母子退職年金は非課税なので申告不必要です。貢納金がかかるのは、収入です。収益税金とかいう単語からもわかりますよね。また、税の税率などは実収を基点にしているので、得分がどれくらいかを把握しておくことが切実です。収入税金と言うのは、「所得」に対して一定の税率を掛け...

≫続きを読む

年金受給者の確定申告とは?

国民年金受給者は、表立った国民年金の金額が月数400万円以下、かつ国民年金以外の収入額が年月20万円以下であれば、確定申告は要求ありません。ただし、治療費控除やライフ保険料控除などによって税の還付を受けるには、確定申告が不可欠です。恩給個人収入は、普通、雑収入となります。雑収入の額は、個人収入額から...

≫続きを読む

確定申告とは 不動産収入を受け取っている場合は?

不動産収入とは、次回の(1)から(3)までの利益(会社経営利益又は譲渡収入に該当するものを除きます。)をいいます。土地物件投資の家賃個人収入という副個人収入があると、企業にではなく、自分自身で本職の個人収入と合わせて確定申告をする必須があります。なお、ビジネスマンの方が不動産投資による家賃個人収入が...

≫続きを読む

確定申告とは 無収入だった場合は?

無個人収入のケース源泉徴収がされていなければ、住人税金の申告だけでほどよいです。選挙民健康保証料/税金の軽減は、申告により自動性に適用されるはずです。低収入による減免決まりはありません。民衆健康安全対策税金は生活者税金の申告を始まりに算定されます。収入がなかった方(収入税金のかからない方)は、税務署...

≫続きを読む

確定申告とは いつまで?

確定申告書の提出期日は、ルール3月15日数。平成26年月ペースは平成27年月3月16日数(ムーン)が締め切りです。ただし、それほど3月15日数が期日とは限りません。どんな場合があるか確認してみましょう。気が付いたら「期日をすぎていた」なんてことがないように、提出期日がいつからいつまでできるかよくよく...

≫続きを読む

確定申告とは 雑所得って?

「雑収入」とは、収入税法上の課税区分の一個で、企業収入、土地物件収入、利息収入、配当収入、給与所得、譲渡収入、しばらくの間利益、山林収益や退職収益のいずれにも当てはまらない純利益が、雑収入とされます。いろいろなものがターゲットとなる雑収入ですが、雑収入の中ごろでも唯一分類されているのが「表立った国民...

≫続きを読む

確定申告 バイト 必要書類とは?

確定申告を行うケースの重要書面としては、税務署から貰ってくる確定申告書が必須になります。アルバイトをしている方で、お給料の詳細表を良く見ると、収入税金というコラムがあるのをご存じでしょうか。確定申告を行う際の所要文書として、確定申告書が重要になります。確定申告書は税務署でも配布されていますし、税務署...

≫続きを読む

確定申告とは 自営業者と税金

自営業者は1年度の営業活動でもうけた収入を計算し、管轄の税務署に自身収入の申告をする所要があります。自営業者(個人事業所有主)はビジネスマンなどと違っていろいろな税を負担しなくてはならず、またその計算もたてまえ自分自身で行わなければなりません。自営業者は、1月1日数以後のおよそ2ヶ月あいまの期限の中...

≫続きを読む

スポンサーリンク




スポンサーリンク


スポンサーリンク