医療費控除の対象まとめ

スポンサーリンク




スポンサーリンク




医療費控除の対象まとめ記事一覧

医療費控除の対象期間とは?

納税者当事者や納税者とやりくりを一に決定するご親族の理由から医療費を払った時点においては、決まった金額の所得控除をやってもらうことができます。この他には、こちらの医療費控除の対象になる日にちは、当該の年の1月1日から12月31日に至る迄の中で、その期間内に具体的に払った合計金額が医療費控除の適応とな...

≫続きを読む

医療費控除対象に予防接種は入る?

ケアに役に立つ風邪薬の調達費は、市販薬であったとしても医療費控除の対象にしてなるものですが、インフルエンザの予防接種はお医者さんにケアしていただいたやつでも健康状態を管理することであるからとなるため、医療費控除の対象にならないそうです。現実的にはすることができないものとしては、予防接種種々、感染をブ...

≫続きを読む

確定申告2017 医療費控除の対象とは?

身内の医療費12か月で合算が10万円以上のケースで、控除を受けるというプロセスができるでしょう。ちなみに、年収が200万円以下に関しましては所得金額×5%オーバーの合計金額となってきます。医療機関においての治療費だけに限らず、ドラッグストアで買いあげた薬、医療機関に向かう往復運賃も対象となると思いま...

≫続きを読む

確定申告医療費控除の対象はコンタクトも入る?

眼科医が行なうケアとされるものとしては装用する眼鏡及びコンタクトレンズは医療費控除の対象になりますから、今年度末までの確定申告する際に医療費控除をやってもらうことができます。対象である悪い箇所は次に挙げる品に限定されます。よく見られる近視、遠視、乱視、老眼なんかは対象範囲外という特性があります。眼科...

≫続きを読む

確定申告医療費控除の対象は市販薬もOK?

ケアを想定したものが対象で、ビタミン剤や養分飲料水など体調促進や、疾病防衛のものは対象範囲外に該当します。絆創膏は? ダメージを回復させる意図ですから何の問題もありません。目薬は? ドライアイや花粉症のケアを目的としたことなので問題ありません。シップやガーゼは? ケア意図であるため問題ないです。それ...

≫続きを読む

確定申告 医療費控除対象は診断書も入る?

一年に数十万円の医療費を払いこんだ際に、支払った税とされるものが払い戻しされることになります。レシートは大事に取り置きしておきましょう!医療費控除とは、あなた方自身やご家庭ということで、該当の年の1月1日から12月31日に数十万円の医療費を払い込んだ際に、決まった金額の所得控除を行なってもらうことが...

≫続きを読む

確定申告 医療費控除の対象は交通費もOK?

医療費控除の対応するケアや受診して貰えるようにバスや鉄道を使った時点においては該当の往復運賃も医療費控除の適応となると考えられます。バスや鉄道のケースでは、レシートが確保できないケースがほとんどですからリストを作成して日付、何処からどの時点までの距離、合計金額を記入しておくことによって、そのことが受...

≫続きを読む

確定申告 医療費控除の対象は介護保険も入る?

介護保険の医療関連居宅アフターサービスの費用は医療費控除の適応となると考えられます。医療系居宅アフターサービスというものは1 来訪看護、2 来訪リハビリテーション、3 居宅静養マネージメントレクチャー、4 通所リハビリテーション、5 短い期間の入所静養介護の5クラスとなります。居宅介護サポーター事務...

≫続きを読む

確定申告 医療費控除の対象は歯科・歯医者も入る?

歯科医療費は医療費控除の適応となると考えられます。診療費の申し込みを行うと税のひとつでが獲得出来ます。日々の生活をまとめ上げるパートナー、異なっている親戚の医療費を数十万円支払った時点においては、税が減少されます。成年者のケースになると、お医者さんの診断書が求められます。診断書をお考えであるならばお...

≫続きを読む

確定申告 2017 医療費控除 矯正は?

インプラントやセラミックは治療費控除の認識対象です。歯科矯正についても、容ぼうを美化するための出費は、医療費控除の認識対象になりません。あくまで、インチキ咬合の乳歯列矯正のように、乳歯列矯正が不可欠だと認められると治療費控除になります。健康保証で受けた治療代、妊娠や出産でかかった出費、歯科の自費治療...

≫続きを読む

確定申告 2017 医療費控除 領収書はどうする?

領収書の持ち合わせない通行公的機関(都電・バス)に関しては診療費の領収書へ直接ペンで記入すれば心配はないです。2017年(平成29年月)税務署にて治療費控除申告の報告(申告手段は年々歳々変わらない)です。治療費の内訳書に記入する際は、領収書1枚ごとにおのおのに転記する重要はなく、要点て転記することも...

≫続きを読む

医療費控除 対象 おむつ代の場合は?

傷病によりおおむね6か月以上寝たきりで医師の治療を受けている場合に、おむつを使う必要があると認められるときのおむつ代(この場合には、医師が発行した「おむつ使用証明書」が必要です。)医療費控除は「大人用紙おむつ」、「中人用紙おむつ」、「パッド類」がその対象です。しかし、大人用紙おむつの購入代金が医療費...

≫続きを読む

医療費控除 対象 aga治療でかかる費用が医療費控除される?

医療費控除の対象となる「医療費」にはさまざまなものがありますが、普通は「医師による診療または治療の対価や、治療・療養に必要な医薬品の購入の対価」を指します。医療機関で受ける治療なのだから、医療費控除はOKだろうと思いがちですが、医師の治療ならなんでも医療費控除の対象になるわけではありません。AGA(...

≫続きを読む

医療費控除 対象 インプラント治療は医療費控除の対象?

インプラント治療は、自費診療のため医院により治療費が異なりますが、だいたい1本につき40万円前後が一般的であると思います。また、その方のお口の中の状況により、治療過程が変わることもあり、その過程により治療費も前後してきます。歯医者の治療で医療費控除が出来るものインプラントセラミック歯列矯正自費の入れ...

≫続きを読む

医療費控除 対象 胃腸薬・鎮痛剤などの費用は対象?

治療や療養に必要な医薬品の購入費用治療のために薬局で購入したカゼ薬・胃腸薬・鎮痛剤などの費用おむつに係る費用ただし傷病により6ケ月以上ねたきり状態でおむつの使用が必要であると医師が認めた場合のみで、領収書のほかに医師が発行した「おむつ使用証明書」が必要となります。ドラッグストアで買った医薬品が全て控...

≫続きを読む

医療費控除 対象 入れ歯やクラウン(被せ物)は対象?

義歯(入れ歯)やクラウン(被せ物)に使用する金やポーセレン(セラミック)は、歯の治療材料として一般的といえるため、医療費控除の対象になります。一般的に支出される水準を著しく超えると認められる特殊なものは医療費控除の対象になりません。しかし、金やポーセレンをつかった義歯の挿入は一般的な治療ですから対象...

≫続きを読む

医療費控除 対象 一ヶ月検診(自費)は医療費控除の対象になる?

大人の人間ドックでも、その費用は控除対象にはなりません。しかし、その検査結果で病気が見つかった場合は人間ドックの費用も医療費控除の対象になるということです。1ヶ月健診でかかった費用に関しては自費で支払いしている場合には、確定申告の際の医療費控除で申告できます。1年間の医療費が10万円以上になっている...

≫続きを読む

医療費控除 対象 医療器具は対象?

診療・治療などを受けるために必要な医療器具などを買ったときの費用医療費控除の対象になります。現在、もし医療器具の購入を検討している場合は、医療費控除の適用を受けることが可能な製品であるかどうかについて事前に担当医や販売店の方に確認しておくと良いでしょう。医療機器類は高額な支払いとなるケースも多いこと...

≫続きを読む

医療費控除 対象 医薬部外品や化粧品は対象?

薬の外箱に必ず「医薬品」とか「医薬部外品」などと表示されています。「医薬部外品」や「化粧品」は薬局で購入できますが、医薬品ではありませんので、そもそも医療費控除の対象とはなりません。控除対象となる「薬」は、薬事法に定める「医薬品」のみです。「医薬品」と、容器や箱に表示されていますので確認できます。医...

≫続きを読む

医療費控除 対象 うがい薬等の歯科衛生用品は控除の対象外?

健康増進や疾病予防のための医薬品代金や費用、人間ドックなどの健康診断のための費用に関しては、治療に必要であると認められない場合、医療費控除の対称にはなりません。歯科関連では、ハブラシやうがい薬等の歯科衛生用品の代金がこれにあたり、控除の対象外となります。歯周病が気になる方です。ご家庭で通常の歯磨き後...

≫続きを読む

医療費控除 対象 栄養ドリンクも市販薬も申請していい?

ビタミン剤などの病気の予防や健康増進のために用いられる医薬品の購入代金は医療費となりませんと明記されています。そのため、栄養ドリンクは、健康増進や、病気の予防であって、治療に当てはまらないため、医療費控除の対象になりません。基本的に栄養ドリンク類はたとえ第二類医薬品として販売されている物であっても、...

≫続きを読む

医療費控除 対象 エアーサロンパスの購入費用は?

薬局で購入した風邪薬も医療費控除の対象です。医師の処方等がなくてもOK。薬局で買った湿布薬(エアーサロンパス)、頭痛薬・腹痛薬・下痢止め等も治療薬なのでOK。常識量であれば使い切らなくても購入代が全て控除対象になります。市販であっても、医薬品であれば、病院や調剤薬局での健康保険の窓口負担と合わせて、...

≫続きを読む

医療費控除 対象 エコー代は、医療費控除の対象?

エコーは医療費控除の対象になります。通院に必要だったバス代や電車代(領収書不要)、タクシー代(領収書要)や出産して入院したときの部屋代・食事代なんかも控除対象になります。診断・診療のうちですから、医療費控除の対象になります。自分の判断だけで買ったのなら、健康診断に類するものとしか言えませんので、医療...

≫続きを読む

医療費控除 対象 オブラートは医療控除の対象になる?

医療行為、もしくは医療機関の指示がないと医療費控除の対象にはなりません。オブラード(オブラート)はダメということになります。ですが、ダメといわれる事もありますが、それが無いと服用できない事情があり、薬を飲む以外の用途で無いものであることを説明すれば大丈夫な場合もあると思います。ダメモトで含めて計算し...

≫続きを読む

医療費控除 対象 お灸のせんねん灸購入代は対象?

普通は無理ですねが、医者が治療のために必要と判断し、その証明になる書類を受け取っていれば医療費控除できます。鍼灸院での治療となると控除できますが、せんねん灸では難しいかもしれません。確定申告には各領収書が必要になりますので先ほどお伝えした医療費控除の対象となるものの領収書を取っておき、出来れば家計簿...

≫続きを読む

医療費控除 対象 オルソケラトロジー治療(角膜矯正療法)は?

最近では、アメリカや日本国内でもレーシック難民の問題が指摘されております。これはレーシック手術後に良い治療結果が得られず、多くの患者様が路頭に迷っている問題で手術による不可逆性が原因となっております。オルソケラトロジー治療の費用は、レンズ代及び各種の検査を含んだ料金となります。 費用は各眼科によって...

≫続きを読む

医療費控除 対象 カイロプラクティックを申告する秘訣とは?

一般的に、カイロの施術費は、医療費控除の対象外です。ただし、保険適用であれば、対象になりますが、領収書にその旨記載されていると思います。風邪で診察を受けた場合は該当しますが、予防接種(インフルエンザ等)の場合は該当しません。予防接種は病気の治療ではなく、健康増進のためだからです。薬局で購入される薬に...

≫続きを読む

医療費控除 対象 かつらは医療費控除対象になるか?

数少ないケースだとは思いますが、かかりつけのお医者様が診断書に、医療用帽子が必要とか、医療用ウィッグが必要とか記載があれば控除対象になる可能性がありますこれは税務署の方の受け取り方次第では、控除された場合もあるみたいです。女性にとって髪の毛は、義手や義足と同等であると考えて差し支えないです。「医療用...

≫続きを読む

医療費控除 対象 吸入器(ネプライザー)は控除の対象?

医師の指示にもとづく医療器具の購入ですので、医療費控除の対象となります。領収証に「ネプライザー」とか「喘息用」とかの表示がなければ、病院名・病名等を別紙に記入して、その紙を同封すればなお安心です。最終的には税務署の判断ですが、税務署がなんか言って来ても、医療で必要です。医師からの進めです。と言い切り...

≫続きを読む

医療費控除 対象 車椅子の利用代は医療費に入る?

器具の購入で医療費控除の対象となるのものは、医師等による診療等を受けるために直接必要なものに限られます。「自己の日常最低限の用をたすために供される義手、義足、松葉づえ、補聴器、義歯等の購入のための費用」は医療費控除の対象となる範囲に含まれているのです。松葉杖や車椅子の購入費用といっても、それが日常最...

≫続きを読む

医療費控除 対象 血圧計の購入費用は?

血圧計が医療費控除の対象となる場合は、医師から治療のために血圧計の購入を指示された場合にだけです。さらに、高血圧またはその他の病気などで血圧計が必要であり、病院で治療中の場合のみとなります。高血圧その他の病気等について、病院等で治療中であり、かつ、医師から治療のため、血圧計の購入を指示された場合は、...

≫続きを読む

医療費控除 対象 コルセットなど治療用装具等の作成費用は?

被保険者や被扶養者が病気やケガをして、自己負担となる医療費を支払った場合に、1年間(1月〜12月)の合計金額が一定額を超えたときは、税務署に確定申告をすることにより、超えた額について総所得から控除を受けることができます。療養費制度の対象となる治療用装具等は、具体的には次のようなものがあります。コルセ...

≫続きを読む

医療費控除 対象 高速道路使用料は控除の対象?

医療費控除の対象となる医療費の範囲ですが、あくまでも治療に要した費用のみが対象となってきます。プチ整形や、予防接種、人間ドック等は、治療ではないため、対象となりませんので、ご注意ください。通常、マイカーの通院の交通費は医療費として認められません。特別な場合を除き、タクシーも同じです。バス・電車などの...

≫続きを読む

医療費控除 対象 サポーターの代金は医療費控除の対象?

病院で主治医から「治るまで装着するように」と言われて渡されたサポーターの代金は全然大丈夫です。保険対象外の医療費である入院時の部屋代、食事代なども対象です。要は”治療に要した費用”であれば対象となります。医療費控除は、医薬品や治療費でなくても、交通費など「治療に必要な経費」的なものも、申告できます。...

≫続きを読む

医療費控除 対象 差額ベッド代医療費控除の対象?

入院して,個室にはいることになると,差額ベッド料(差額ベット料,利用料,使用料,代金)を一日何千円や何万円払うことになります.1日1万円なら約360万円.1日3千円でも約100万円の費用ですから庶民には大変です。医師や看護師に対するお礼は、診療などの対価ではありませんから医療費控除の対象になりません...

≫続きを読む

医療費控除 対象 差し歯や金属の入れ歯なども対象?

「保険が適用されないのに、医療として扱ってくれるの?」と思うかもしれませんが、治療目的であれば大丈夫。欠損した歯をそのままにして治療を受けなければ、ものを噛むなどの正常な身体機能を果たせなくなります。つまり、差し歯であれば控除対象になるのです。歯科治療の場合は、健康保険の範囲内で行った医療費だけでな...

≫続きを読む

医療費控除 対象 湿布を購入して貼っても対象にならない?

肩こりや腰痛を和らげるために、医師に診てもらうことなく湿布薬を購入して貼っていても医療費控除の対象とはなりません。医師に診てもらって湿布薬を処方されているのであれば、控除対象となります。保険診療を受けた方が金額的にも有利ですので、受診されることをお勧めします。湿布には色々な用途がありますが、肩こりに...

≫続きを読む

医療費控除 対象 接骨院の施術料は?

単なる肩こりのための接骨院の施術料は医療費控除の対象にはなりません。では接骨院のすべでの施術料はすべて医療費控除の対象にならないのでしょうか。状況によっては医療費控除の対象となる場合があります。それは医者の指示で受けた場合など治療目的ではり師や接骨院の施術を受けた場合です。また、入院費や高額の医療費...

≫続きを読む

医療費控除 対象 セカンドオピニオンも医者による診察で対象?

セカンドオピニオンも、医者による診察であり、医療費控除の対象となります。セカンドオピニオンを聞いた病院までの往復の交通費も対象となります。「セカンドオピニオンとして話を聞きに行っただけ」と思っていても、先方の立場としては、「話を聞いて、こうした方がいいとアドバイスする」という立派な医療行為をしている...

≫続きを読む

医療費控除 対象 生理用品などの領収書でも含まれる?

コンタクト用品や生理用品は『治療』ではないので、残念ですが対象になりません。めがねコンタクトレンズは不可です。生理用品も勿論不可です。生理用品は医薬品ではありません。医療費控除の対象になるのは、医療費です。医者の診察料、医薬品代です。医療上で必要になった装具も対象になります。OKの可能性はあります。...

≫続きを読む

医療費控除 対象 装具費用は?

義手、義肢、松葉杖、義歯などの装具費用(医師等の治療に必要なものに限ります) 。 発達段階にある子どもの不正咬合治療や大人でも咀しゃく障害の治療としての歯科矯正(大人の審美性の向上を目的とする場合は対象になりません)。ただ注意しておいたほうがいいのは医療費控除は、療養費の支給を受けた場合、その金額を...

≫続きを読む

医療費控除 対象 体温計は治療に使うものじゃないのでだめ?

医療費控除できるのかどうかのポイントは、医師等による診療、治療、施術又は分べんの介助を受けるために直接必要なものかどうかで判断します。体温計を買う際に、200円くらいのオロナイン軟膏でも結構ですので、一緒に買って、薬局で、レシートとは別に、領収書を書いてもらうと良いですよ。「お薬代など」と書いてもら...

≫続きを読む

医療費控除 対象 体外受精は高額医療費控除の対象?

高額療養費制度は健康保険適用のひつ月当たりの限度額を設定している制度です。ですから健康保険効かない体外受精の治療費に関しては適用外となります。不妊治療助成金は、体外受精・顕微授精が対象となります。医療費控除とは、一年間に支払った医療費に対して一定の金額の所得控除が受けられる制度のことです。ですが1/...

≫続きを読む

医療費控除 対象 中絶費用は対象になる?

中絶では、経済的理由と医学的理由の中絶の二種類があり、医学的な理由による中絶の場合には健康保険が適用されますので、この場合には高額療養費が支給されます。平たく言うと、おこなった中絶が保険適用だったのかどうかで判断下さい。中絶にかかった費用が医療費控除の対象になるのは、母体保護法に基づき中絶せざるを得...

≫続きを読む

医療費控除 対象 付き添い人のバス代、電車代などは?

対象となるのは原則として本人の交通費ですが、小さいお子さんの付き添いや症状によってはご高齢の方の付き添いが必要な場合はその付き添い人のバス代、電車代なども医療費控除の対象となります。なお、タクシー代の中に高速代が含まれていた場合で緊急を要する移動費用と認められる場合には高速代も医療費控除の対象となり...

≫続きを読む

医療費控除 対象 テーピングなども控除の対象?

対象にならないものでも、条件によっては対象になる場合もあるので、1年分の医療にかかった領収書は保管しておいて損はないでしょう。薬局で購入したバンドエイド、包帯、湿布、風邪薬、治療用のテーピングなども控除の対象になります。「医師の治療を受けるために直接必要な費用」かどうかです。そう考えれば、医療費控除...

≫続きを読む

医療費控除 対象 オロナイン軟膏とかメンソレタームは?

「こんなものは、怪我に入らない。ほっといたら治るよ。」といわれるようなものは、認められないことがあります。たとえば、オロナイン軟膏だとか、メンソレタームなんかは、税務署で無理だねとか言われることがあります。病院・診療所・歯科・調剤薬局など医療機関における診療費虫歯治療や親知らずの抜歯出産(定期健診も...

≫続きを読む

医療費控除の対象【ストマ用装具に係る費用は?】

公式サイトには、ストーマ用装具の購入費用の場合は来年度以降10万円以下でもとありますが、あくまで「医療費控除」なので、ほかの医療費と合算して年間の医療費が10万円を超えた分が対象です。給付額を超えた分のストーマ装具やストーマ用品の費用は、自己負担となります。しかし、この自己負担分を含めて、同一世帯に...

≫続きを読む

医療費控除の対象は個室もOK?

国税庁のホームページには、医療費控除の対象になる入院費用として「個室に入院したときなどの差額ベットの料金は、医師の診療、治療を受けるために通常必要な費用かどうかで判断します。本人や家族の都合だけで個室にしたときは医療費控除の対象になりません。とあります。厚生労働省では,特別の療養環境,特別療養環境室...

≫続きを読む

医療費控除の対象は結婚後のものだけ?

残念ながら、旦那様が合算できる奥様の医療費は結婚後のものだけです。医療費控除の医療費を一まとめに出来るのは、『その医療を受けた時』若しくは『その医療費を支払った時』に自分自身又は自分と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費です。結婚前に支払った医療費は、質問者様ないしは生計を一にす...

≫続きを読む

医療費控除の対象【気功治療は?】

気功治療が医療費控除の対象になった話は来たことがありません。気功整体の病院へ通院している方も珍しくはありません。一回1000円〜など、お気軽に利用する事ができます。定期的に通っている方にとって気になる「医療費控除」についてのお話ですが、これについては、医療費控除として適用されます。医療費控除の対象と...

≫続きを読む

医療費控除の対象【矯正歯科治療は還付金を国から受け取れる?】

一括払いだけでなく分割払い、歯科ローンも医療費控除の対象になります(利子は対象外)。ローン契約書や領収書などは必ず保管しておきましょう。矯正歯科治療の費用だけでなく、病気やケガで、病院や診療所で治療した医療費も含めて申告できます。自分自身や家族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を...

≫続きを読む

医療費控除の対象に金歯がいいってホント?真相は?

歯の治療については、保険のきかないいわゆる自由診療によるものや、高価な材料を使用する場合などがあり、治療代がかなり高額になることがあります。一般的に支出される水準を著しく超えると認められる特殊なものは医療費控除の対象になりません。高い場合以外は、金歯や金冠の費用も控除の対象になります。「健康保険がき...

≫続きを読む

医療費控除の対象【帝王切開の出産費用は?】

1年間(1月1日〜12月31日)に家族全員の医療費が10万円を超えた人、または所得が200万円未満で、1年間の医療費が所得の5%以上になる人なので条件に入っていれば帝王切開の出産費用も医療費控除の対象になります。帝王切開には健康保険が適用されるため、高額療養費の給付対象になります。高額療養費とは、健...

≫続きを読む

医療費控除の対象に手袋は含まれる?日用品・介護用品は?

手袋やカラーが、治療に伴うものなら当然含まれるが、そうでなくても、申告時に領収書がたくさんあったら、いちいち税務署で確認はしないでしょう。医療費控除は、所得税の一部が還付される制度です。医療費の合計が年間で10万円、または所得金額の5%を超えた場合、申告すると税金の一部が戻ってきます。この医療費には...

≫続きを読む

医療費控除の対象で特定療養費も申告できる?

特定療養費の制度を利用する事で、保険外の特別なサービスや高度先進医療を受けた時、この対象とされる治療に対しては保険給付され、サービスやその他の部分の治療に関しては自費として請求する事が出来る、という事になります。初診特定療養費は、医療保険適用の診療行為ですので、自己負担額は医療費控除の対象になります...

≫続きを読む

医療費控除の対象は共働きでも通用する?

共働き夫婦は、当然ながら給与明細をそれぞれがもらい、各々税金や社会保険料が引かれています。妻を扶養していない場合、なんとなく支払った医療費も別々というイメージを抱きがちですが、医療費控除に関しては合算してOKです。医療費控除は医療費控除の対象額に所得税の税率が乗じらますので、所得の高い方がまとめて受...

≫続きを読む

医療費控除の対象【人間ドックの医療費用はなる?】

いわゆる人間ドックその他の健康診断は疾病の治療を伴うものではないので、その人間ドック等の費用は、医療費控除の対象とはなりません。人間ドックはその受診時の費用も高額になるために、これが所得税の医療費控除として加えることができれば非常に大きいのですが、何事もない健康ですよとなった時には、加えることができ...

≫続きを読む

医療費控除の対象【入院食事代は入院費用の一部?】

病院に支払う入院患者の食事代は、いわゆる入院費用の一部であり、入院の対価として支払われるものですので、通常必要なものに限り、医療費控除の対象となります。医療費控除については、治療のために使う費用は控除対象になりますが、健康維持のための費用については控除の対象にならないというのがポイントになります。特...

≫続きを読む

医療費控除の対象【妊婦検診や分娩・入院費用などは?】

妊娠・出産した場合は、妊婦検診や分娩・入院費用などと医療費が多くかかるので、確定申告で申請すればお金が戻ってきます。この医療費は本人だけの分ではなく、生計を一緒にする家族全員が1年間にかかった医療費が申告の対象になります。保険の内外関係なしに妊婦検診、母子共に1ヶ月検診も対象になります。ただし自治体...

≫続きを読む

医療費控除の対象【妊娠検査薬は大丈夫?】

医療費控除の対象とならないもの妊娠検査薬(クリアブルー、チェックワンなど)インフルエンザ予防接種市販のビタミン剤・サプリメント入院・通院のためのガソリン代・駐車場代対象になるのは「治療の対価やその治療や診療を受けるために要した費用、医薬品の購入についてはは治療に必要なもの」です。健康診断の費用や妊娠...

≫続きを読む

医療費控除の対象【乳がん検診や子宮がんの検診料は?】

女性であれば、20代から乳がん、子宮がん検診はしておいた方がいいでしょう。飲み会が多い人は、肝臓、胆のう、膵臓の検診を。親族にガンが多い場合は、ガン検診をするようにするといいかと思います。治療の中で行われるものは医療費控除の対象になりますが治療以外の目的(健康診断)は対象外です。例えば癌と診断されて...

≫続きを読む

医療費控除の対象【塗り薬は?ステロイド系は?】

対象となるものとならないものの中で大きな違いが出るのは「治療」に使用するか「予防」に使用するかということです。「治療」は対象になり、「予防」は対象にならないことが多いです。年末調整では医療費控除はしてくれません。自分でやってしまいましょう!簡単にできます。2月中旬〜3月中旬は確定申告のシーズンです。...

≫続きを読む

医療費控除の対象は年金受給者も含まれるのか?

「確定申告」は、「一年間に得た所得から所得税の金額を求めて、源泉徴収されている所得税との過不足を精算する手続き」です。ですから、「確定申告」の際に「所得控除」を申告することで「所得税額」が安くなると、「源泉徴収されていた所得税」がその分多く返ってくる(還付される)ことになります。年金受給者にとって、...

≫続きを読む

医療費控除の対象【のどスプレー?のどぬーるスプレーは?】

医療費控除の対象となるものは、治療または療養のために必要な医薬品であることとされていますから、医薬品であっても、疲労回復や健康増進のためのビタミン剤は医療費控除の対象にはなりません。医薬品の購入費用は、風邪薬などの市販薬を含め医療費控除の対象になります。治療目的の購入であることが前提ですが、例えば、...

≫続きを読む

セラミックの歯は医療費控除の対象?

金やポーセレン(セラミックなど)は歯の治療材料として一般的 に使用されていることから、これらの治療は、医療費控除の対象となります。確定申告のときに申請すると、所得総額と治療費に応じて所得税が一部戻ってきます。病院までの交通費も控除の対象となります。日時・病院名・交通費・理由を控えておいてください。車...

≫続きを読む

医療費控除の対象【針治療や鍼灸、カイロプラクティックは?】

カイロプラクティックについても、医師が治療の一環として行なう場合は控除対象となります。特に手続き等は必要ないと思います。カイロプラクティックなら、医師やあん摩・マッサージ・指圧・柔道整復師が行う場合には医療費控除の対象となりますが、資格を有しない人が行う場合には対象外となります。何らかの不具合の治療...

≫続きを読む

医療費控除の対象【歯間ブラシや歯ブラシは?】

歯周病の治療を続けていく上で必要だと歯科医師に指示されたのであれば、医療費控除の対象となります。医療費控除は、年間に支払った医療費から10万円(所得が200万円以下の場合は、その5%)を差し引いた残りの金額に確定申告される方の税率分(5%〜40%)が還付されます。「予防目的」でこれらのモノを購入して...

≫続きを読む

医療費控除の対象は歯磨き粉も含まれる?

歯周病治療の段階で歯科医から治療のためにこの歯ブラシ使ってくださいね〜と言われて購入した場合の歯ブラシ代は医療費控除に含まれます。ただ、予防の段階で購入している場合には対象外となります。どうしても歯磨き粉で医療費控除の適用を受けたいのなら、歯医者の先生に相談して処方箋を書いてもらって、その処方箋に従...

≫続きを読む

医療費控除の対象【皮膚科にいった費用は?】

医療費控除とは、自分または生計を一にする(財布が同じってことですね)配偶者や親族のために医療費を払った場合に、一定の要件を満たしたものについてその金額を所得から控除するというものです。美容目的で行なった脱毛はどの科で行なっても医療費控除の対象ではありません。病気・怪我の治療に関して必要性が認められた...

≫続きを読む

医療費控除の対象【冷えピタは確定?申告の時の対象?】

点滴や薬を投与していると、個人差はありますが副作用で体温が上がってきます。しかし大部屋の場合は、自由に空調の温度を変えることができないです。氷枕などは病院でも用意してくれる場合もありますが、頻繁に取り換えてもらうのは心苦しいので、自分で冷えピタなどを用意しておくと便利です。冷えピタは熱を冷ます治療目...

≫続きを読む

飛行機代は医療費控除の対象になるのか?

必要性によって判断します。遠隔地で通常新幹線を使うような距離の病院へ行くならOKです。また、飛行機の使用もケースによってはOKと判断されるでしょう。税務署におたずねになることをおすすめします。ですが病状や、治療法をきちんと説明し、税務署員を納得させられれば医療費控除として十分適用されると思います。例...

≫続きを読む

医療費控除の対象【扶養家族は申請してもいい?】

誤解も多いところですが、所得税法に基づけば、家族の分も含めてその医療費を実際に支払った者でしか控除できません。ですから、その医療費をご主人ではなく奥様が支払ったという事であれば、奥様で医療費控除の申告ができる事となります。健康保険証が別々でも税法では医療費に合算できます。健康保険法の扶養家族と税法上...

≫続きを読む

医療費控除の対象はヘルパーやデイサービスも含む?

自営でなければ、普通は医療費控除くらいしかしないよという方が多いと思うのですが、「医療費控除」に「介護保険費用」も含めることが出来るって知ってますか?条件によってデイサービスや訪問介護も対象です。介護保険制度によるヘルパーやデイサービスの費用は、基本的に医療費控除の対象になりません。但し、請求書(ま...

≫続きを読む

医療費控除の対象は補聴器も含む?購入費用は?

最近、視力が落ちて0.5になったので眼鏡を買った、という場合に、眼鏡は医療費控除になりません。同様に、聞こえにくいので補聴器を買った、という場合は控除対象外です。補聴器は医療費控除の対象になるかもしれません。補聴器購入で医療費控除の対象なのは、医師の治療等の過程で直接必要とされて購入した場合に限られ...

≫続きを読む

医療費控除の対象に包帯は含まれる?ガーゼは有効?

治療目的で購入された医薬材料は、ドラッグストアで購入したものも医療費控除の対象になります。また、フェルビナク5という商品は、フェルビナクを1枚あたり5mg配合した消炎鎮痛テープ剤ですので、治療目的に使用していれば該当します。認められないことがあります。たとえば、オロナイン軟膏だとか、メンソレタームな...

≫続きを読む

医療費控除の対象【ホワイトニング代は?歯列矯正は?】

。凸凹美容外科病院のなかにある歯科で歯を白くするホワイトニングの処置を受けた費用は通常医療費控除の対象にはなりません。健康診断は診療でも治療でもありません。また、一般的に見て効果のあやしい民間療法などは、たとえ歯科医師の治療でも控除の対象にはなりません。医療費控除の申し込みをするためには、歯科治療費...

≫続きを読む

医療費控除の対象【訪問介護費用は?居宅サービス費は?

医療系サービスと併せて利用する場合の、訪問介護の居宅サービス費用に係る自己負担額(介護保険給付の対象となるものに係る自己負担額に限り)は、医療費控除の対象となります。介護保険法の改正(平成17年10月1日施行)により、施設サービスの対価のうち居住費および食費が介護保険給付の対象外となりましたが、自己...

≫続きを読む

医療費控除の対象【マキロンやアルコールは?】

薬局で買った薬もOKです。風邪薬、痛み止め、マキロンとかの傷治療用もOKですが、ビタミン剤、栄養剤などの予防薬などはだめです。バンドエイドやマキロンみたいな、薬って感じのものじゃなくても治療に使うものもOKです。かぜ薬、胃腸薬、水虫薬、インキンタムシの薬などは医療費控除の対象になります。しかしながら...

≫続きを読む

医療費控除の対象に松葉杖は含まれるのか?

医療費控除の対象となるのは、治療の対価ですので、実際に支払い金額が確定しないと、保証金名目でしたら、預け金みたいなものですので医療費控除は出来ません。医師等による診療や治療を受けるために直接必要な、義手、義足、松葉杖、義歯などの購入費用、間接的な医療費も控除の対象となります。松葉杖や車椅子の購入費用...

≫続きを読む

医療費控除の対象【枕は?布団は?カバーは?】

家政婦紹介所に支払う紹介手数料白内障の患者が視機能回復のために購入した眼鏡の購入費用インシュリンを注射するための注射器の購入費用病院に支払うシーツや枕カバーのクリーニング代などは医療費控除の対象になります。病院が用意したシーツや枕カバー等のクリーニング代は、医療費控除の対象となりますが、患者自身のパ...

≫続きを読む

医療費控除の対象【水虫薬の費用も使える?】

水虫薬は医療費控除の対象になるのでしょうか。医療費控除の対象となるものは、治療に必要なものであることが条件になります。水虫薬は普通に市販されているものであっても、当然治療のために必要なものなので医療費控除の対象になります。水虫、虫刺されによる炎症は立派な皮膚炎=治療が必要な症状です。それに対する対価...

≫続きを読む

医療費控除の対象【ミルク代は?おむつ代は?】

医療費控除で戻る金額は、医療費から出産育児一時金や生命保険の入院給付金などの各種給付金を引き、さらに足きり額10万円を引いたものに所得税率を掛けて計算します。民税額は済んでいる自治体によって違います。ただし、総収入から医療費控除をまず引いて計算するのはどこも同じ。引いた額をもとに計算しますから、医療...

≫続きを読む

医療費控除の対象はムヒも含む?かゆみ止めは?

痒いときに塗る「ムヒ」なども医薬品であれば医療費控除の対象になります。一般的に薬局に置いてある治療目的のものは該当すると考えてください。(医薬部外品、化粧品を除きます。)従ってかぶれとかゆみ止めの効果のあるメンソレータムADという皮膚薬は医療費控除の対象になります。医療費控除は納税者本人だけではなく...

≫続きを読む

医療費控除の対象【メガネやコンタクトレンズは?】

「伊達メガネ」は医療費控除の対象とはならないことはもちろんのこと、一般的な「視力矯正用」のメガネやコンタクトレンズの場合であっても、特定の場合を除いて医療費控除の対象とはなりません。コンタクトレンズ(ケア用品)やめがねは、眼科治療の一環で使用の必要があって購入した場合は、医療費控除できます。自分の希...

≫続きを読む

医療費控除の対象【病児保育はだめ?】

自分自身や家族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。 医療費控除は、所得金額から一定の金額を差し引くもので、控除を受けた金額に応じた所得税が軽減されます。領収書を残しておくのはもちろんのこと、交通費も対象になるので、かかった交通費は...

≫続きを読む

医療費控除の対象に容器代も含まれるのか?

医療関係の領収書は必ず貰って、残して置いてください。売薬の風邪薬なら絆創膏、交通費なども残して置いてください。薬の容器代は保険適用外なので自費ですが、治療・療養に必要なものなので医療費控除の対象になります。そのほかにも調剤薬局以外の普通の薬局(ドラッグストアなど)で買われた、風邪薬等も医療費控除の対...

≫続きを読む

スポンサーリンク




スポンサーリンク


スポンサーリンク