確定申告の時期はいつから? 基本〜専門|あなたの疑問点即座に完全解決!

スポンサーリンク




確定申告の時期はいつから?

確定申告の時期はいつからでしょうか。
基本にあるのは、現職をおこなった次シーズンの2月16日〜3月15日が申し出スパンです。
けれども、2月16日並びに3月15日が土曜日日曜日が来る状況だと、お休み明けの月曜日となってきます。
その期間に申告書、資料を作成し税務署にダイレクトに持参していくか、資料を郵送していきます。

 

 

確定申告の期間っていうのは1年毎に確定されているの?

 

もちろん。
確定申告&所得税納付の流れは、

 

該当の年度の1月1日ということから、12月31日迄の1年間の給料ごとに
次シーズンの2月16日から3月15日以内に申し込みをスタートさせて、
申告書に記入した税額を3月15日の前には銀行や信販会社の受付けや税務署で支払うことになる。
というものが決まりになります。

 

スポンサーリンク




 

けれども、申告の締め切り日がウィークエンド祝祭日と見なされるときは申告スパンが後ろにズレることが考えられます。
例をあげると、つい先ほどのように平成25年度申し込みならば平成26年3月15日が土曜日ゆえに、
平成27年2月17日?3月17日が申し込みという間と規定されています。

 

 

確定申告のペナルティ(罰則)は大きく分けると4原則考えられます。

 

スポンサーリンク




 

税務調査などによって以下用件が確かになったケースでは重い罰則となりますので注意が必要です。

 

最終期限を通過したケース・・・無申請増量税15%(50万円を越えるところは20%)
申し入れしてみたが税を納め欠けていたというようなケース・・・延滞税14.6%(上限で)
最終期限内ながらも払い込んだ税が足りないというようなケース・・・過少申告加算税10%
悪意で意図して申請を忘れたというようなケース・・・重加算税35%(厳しい落ち度の際40%)

 

おすすめ記事

 

確定申告の時期はいつから? 基本〜専門|あなたの疑問点即座に完全解決!

確定申告の時期はいつからでしょうか。基本にあるのは、現職をおこなった次シーズンの2月16日〜3月15日が申し出スパンです。けれども、2月16日並びに3月15日が...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク