ふるさと納税で確定申告!2017年度版

スポンサーリンク




ふるさと納税で確定申告!2016年度版

ふるさと納税とは、
「現行、2,000円を超える一部分について、
市民住人税収入割の概ね1割を範囲として、所得税金と合わせて総額が控除される。但し、確定申告が必要。」
と言う制度です。2000円というのは、言わば中間マージンのようなものと考えればよいでしょう。

スポンサーリンク




 

地区への寄付を納税額として、認めてもらえる決まりです。

 

これが、2015年4月から、さらに好都合になります。
「1,000円を超える一部について、市民住人税金収入割の概ね2割を限度として、
収入税金と合わせて総額が控除される。しかも確定申告は不必要となる。」

 

ということなので、非常にカンタンになり、ユーザーにも優しい国の対策となったんですね。

 

 

寄付金額は、現行では住人税金の所得割額の約1割でしたが、
最高限がアップされると自身負担額はそっくりそのままで寄付金額を
増やせて豪華な特産品を手に入れることができるように
なります。

スポンサーリンク




また、「ふるさと納税」の控除受けるためには、新しい年に
確定申告をする必須がありましたが、2015年度からは
確定申告の免除、控除手続きの簡略化が図られる予定です。
これにより、ますます「ふるさと納税」の利用者が
増えてくるのではいないかと思われます。

 

ふるさと納税決まりを緩和すれば、
複雑なな手続きをなくせば、利用するある人が増えるし、
控除最高限度をあげれば額が増えるはず。

 

地方自治体に金が流れ込み、活躍化するに違いありません!
という考えがあるようです。

 

おすすめ記事

 

ふるさと納税で確定申告!2017年度版

ふるさと納税とは、「現行、2,000円を超える一部分について、市民住人税収入割の概ね1割を範囲として、所得税金と合わせて総額が控除される。但し、確定申告が必要。...

≫続きを読む

ふるさと納税の確定申告は2017年から不要に?嬉しい!

確定申告に馴染みの求め得ない大部分のビジネスマンには、ふるさと納税システムの利用はハードルがバカ高いものでした。これが2015年度からは、確定申告をしない手順と...

≫続きを読む

ふるさと納税の確定申告の書き方とは?

確定申告の用紙にはA様式とB様式の2部類あります。AとBの相違は、Aはビジネスマンや国民年金生活者の方で、給与収入、雑収益、配当収益、つかのまの時所得のみで、予...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク