課税証明書の発行まとめ

スポンサーリンク




スポンサーリンク




課税証明書の発行まとめ記事一覧

課税証明書の発行時期はいつ?

前年中の所得金額が記載される課税(非課税)証明書の発行開始時期は、次のとおりです。給与から市・県民税(住民税)を全額天引きされている方・・・5月中旬納税通知書(納付書)または口座振替で納税されている方・・・6月上旬所得証明書は、毎年、市・県民税の納税通知書が発送される5月中旬または6月中旬に最新のも...

≫続きを読む

課税証明書の発行はコンビニでできる?簡単に発行可能?

コンビニ交付は、マイナンバーカード(又は住民基本台帳カード)を利用して市区町村が発行する証明書(住民票の写し、印鑑登録証明書等)が全国のコンビニエンスストア等のキオスク端末(マルチコピー機)から取得できるサービスです。コンビニエンスストアでの証明書交付サービスのご利用には、利用者用電子証明書を登録し...

≫続きを読む

課税証明書の発行ができない?!不可能なのか?

本人が課税証明書を申請しているにもかかわらず発行できない場合・課税されてない場合(非課税の人・・・この場合は非課税証明書が発行されます)・確定申告や住民税の申告をしていない人(未申告の人)・会社から給与支払報告書が役所に届いていない場合、または届いていても金額が少額のため役所が未申告の扱いをしている...

≫続きを読む

課税証明書の発行【転居や引越しした場合は?】

たとえば・・・平成26年3月15日にB市から○○市に転入された方は、平成26年度(25年中の所得)の証明は、平成26年1月1日に住民登録のあったB市での発行となります。課税証明書、非課税証明書、所得証明書は1月1日現在の住所地で発行されます。平成28年度の証明書(平成27年1月1日から12月31日ま...

≫続きを読む

課税証明書の発行【妻を代理として発行できる?】

証明として戸籍が一緒であらば大丈夫です。詳しい事はそこの市に言わなくていいです。「旦那の課税証明書が必要になったので郵送かもしくは直接手続きに行った場合、何が必要ですか」で大丈夫です。原則は「本人が自分の分を申請」ですが、同一所帯に住民票のあるご家族の分に関しては、「申請にきたご本人の写真付き身分証...

≫続きを読む

課税証明書の発行【代理人の委任状が必要??】

納税通知書や特別徴収税額通知書を発行した市区町村に請求してください。また、1年以上外国に居住していた場合、外国に居住していた期間にかかる証明書を発行できない場合があります。そのため、事前に役所にお問合せしてみて下さい。税の証明書には、他の方に知られたくない個人の秘密(プライバシー)が数多く記載されて...

≫続きを読む

課税証明書発行ってどこでやってるの?

課税証明書は必要でなければ手元に持つことはほとんどないため、実際に見たことがないという人も多いかもしれません。あまり馴染みがない書類ですので、源泉徴収票や所得証明書とはどう違うのか、どこで手に入れたらいいのかわからない人も多いと思います。「課税証明書」はあなたが住んでいる市区町村の役所の住民税課税課...

≫続きを読む

課税証明書の発行に必要なものは?

収入の有無の証明が必要なときに使う課税証明書。「収入証明書」「所得証明書」などと呼ばれたり、または「扶養家族になる」などのように収入がないことの証明としても使えるので「非課税証明書」とも呼ばれたりします。市民税・都民税課税(非課税)証明書交付申請書(申請窓口にあります。)窓口に来る方の本人と確認でき...

≫続きを読む

課税証明書の発行は家族でも発行できるの?

証明が必要なご家族と住民票上別世帯であれば、ご家族からの委任状の添付が必要です。住民票上 同一世帯のご家族であれば委任状の添付は必要ありません。転入してきましたが場合は住民税は、毎年1月1日現在住んでいる市区町村で課税されます。したがって1月2日以降に世田谷区に転入された方については、その年は世田谷...

≫続きを読む

スポンサーリンク




スポンサーリンク


スポンサーリンク