所得証明書の取り方【配偶者でも委任状なしでとれる?】

スポンサーリンク




所得証明書の取り方【配偶者でも委任状なしでとれる?】

所得証明書とは、前年の1月1日〜12月31日までの所得とそれに対する住民税の課税金額を証明するための書類のことです。
所得証明書(課税証明書)は特に難しい書類ではないのですが、何度か使用する場面があるため、意味と使う場面・取得方法を知っておくと便利だと思います。

 

旦那さんの場合は奥様と同居しているなら、奥様が窓口で申請できますが、奥様と別居しているなら代理人とする奥様の委任状が必要です。

スポンサーリンク




郵送で取り寄せることも出来ますが、出来るのは奥様本人だけ、送付先は奥様の住所のみです。

 

税金については個人個人のことです。
個人情報ですから夫婦と言えども配偶者の所得証明書を発行してもらうことは出来ません。
委任状を託され、代理人として発行してもらうことは出来ます。

 

請求者(妻)の本人確認書面(運転免許証・健康保険証等)の提示を求められ、請求用紙に「本人(夫)の生年月日」の記入を求められます。
夫の生年月日が書けないと窓口に来た女性は「ニセモノ」(=不正請求)と判断され、発行してもらえないのかどうかは、窓口の人に聞いた事が無いので分かりません。

 

所得証明を申請できる方は、原則として次の方に限ります。

 

本人(相続人、納税管理人などを含みます。)

本人の委任状または承諾書を持参した方

配偶者および同居の親族で本人から依頼があったと認められる方

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

所得証明書の取り方【家族分が必要な時は?】

所得証明書とは、前年の1月1日〜12月31日までの所得とそれに対する住民税の課税金額を証明するための書類のことです。所得が記載されている書類なので、「収入証明書...

≫続きを読む

所得証明書の取り方【代理人でももらえる?】

代理請求とは代理人(住民基本台帳上で、同一世帯員でない方)による請求です。代理人が申請される場合(別居親族を含む)必要なものは・・・委任状(代理人選任届等)代理...

≫続きを読む

所得証明書の取り方【配偶者でも委任状なしでとれる?】

所得証明書とは、前年の1月1日〜12月31日までの所得とそれに対する住民税の課税金額を証明するための書類のことです。所得証明書(課税証明書)は特に難しい書類では...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク