所得証明書の取り方【代理人でももらえる?】

スポンサーリンク




所得証明書の取り方【代理人でももらえる?】

代理請求とは代理人(住民基本台帳上で、同一世帯員でない方)による請求です。

 

代理人が申請される場合(別居親族を含む)

 

必要なものは・・・

  1. 委任状(代理人選任届等)
  2. 代理人の本人確認ができる書面(運転免許証、パスポート等)

※本人確認書類 運転免許証・パスポート・顔写真付きの住民基本台帳カード、健康保険証と年金手帳等

スポンサーリンク




委任状には、次の事項の記載が必要です。

 

  1. 代理人の住所、氏名
  2. 委任事項(必要年度・証明の種類・通数)
  3. 作成年月日
  4. 委任者の住所・氏名・押印

 

証明書は1月1日に住所のあった市区町村で発行します。例えば、今年度の証明書を取得するには今年の1月1日に住所のあった市区町村で発行することになります。なお、税金の申告をしていないと証明書は発行できません。

 

課税証明書等の請求にあたり、住民税の申告がされていない、もしくは申告内容に漏れがある場合などで、代理人が住民税の申告をする場合は、住民税の申告についての委任状が必要になります。証明書等請求用の委任状で申告をすることはできませんので、ご注意ください。

 

市区町村によってですが、課税(非課税)証明書は郵便での請求も受け付けています。
書類等に不備がなければ、申請書を投函してから証明書がお手元に届くまでの日数は5日〜7日程度です。

 

1通につき300円です。郵便局で定額小為替を購入して、何も記入せずに同封してください。
軽自動車税の納税証明書(継続検査用)は無料です。

 

他の証明書も、対象となる方の状況や使いみちによって無料の場合があります。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

所得証明書の取り方【家族分が必要な時は?】

所得証明書とは、前年の1月1日〜12月31日までの所得とそれに対する住民税の課税金額を証明するための書類のことです。所得が記載されている書類なので、「収入証明書...

≫続きを読む

所得証明書の取り方【代理人でももらえる?】

代理請求とは代理人(住民基本台帳上で、同一世帯員でない方)による請求です。代理人が申請される場合(別居親族を含む)必要なものは・・・委任状(代理人選任届等)代理...

≫続きを読む

所得証明書の取り方【配偶者でも委任状なしでとれる?】

所得証明書とは、前年の1月1日〜12月31日までの所得とそれに対する住民税の課税金額を証明するための書類のことです。所得証明書(課税証明書)は特に難しい書類では...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク