アルバイトの所得税【副業でした場合計算はどうなる?】

スポンサーリンク




アルバイトの所得税【副業でした場合計算はどうなる?】

アルバイトをして得る収入は『給与所得』になります。給与所得であると、年末にアルバイト先から『源泉徴収票』をもらうことになります。源泉徴収票は本業の会社からももらうことになりますので、2枚の源泉徴収票を元に、確定申告を行わなくてはなりません。

 

確定申告書の2枚目は役所に回って住民税の計算に使われます。
確定申告書では、「給与所得以外の住民税を普通徴収する」にレ点をしてください。

スポンサーリンク




2箇所以上からもらう給与収入は、合算して確定申告する必要があります。なぜなら、年末調整をしてくれる会社は「本業の会社1か所のみ」と決まっているからです。したがって、副業の収入源が給与収入である場合、20万円以下であっても確定申告をする必要が出てくるのです。

 

副業がアルバイトの場合は「給与所得」ですが、外注の場合は所得の種類がおおむね「雑所得」になります。
副業であっても、事業として行っている場合は事業所得となります。

 

やはり、会社内部の他人に、自分が副業をしているとか、別に稼ぎがあるとか、そういうことはあまり知られたくないものです。
ばれてしまうと、本業に集中できていないのではないかとか、勘違いをされてしまうかもしれません。

 

マイナンバー制度で副業が会社にバレるというデマがあります。
しかし、結論から言うとマイナンバー制度で副業は会社バレしません。

 

なぜなら、マイナンバー制度の目的は国が税金をしっかりと取ることにあり、副業を会社にバラすことが目的ではないからです。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

アルバイトの所得税【年金受給者が働くとかかるのか?】

「確定申告」は、あくまでも「所得を申告して所得税の精算を行う【税金の】手続き」ですから、「年金の受給額」とは【無関係】です。「年金受給者」は、【一定の条件を満た...

≫続きを読む

アルバイトの所得税【毎月の給料から天引きされる?】

源泉徴収とは、毎月の給料から天引き(自動で引かれる)所得税のことをいいます。「毎月のアルバイト代」から「社会保険料」を引き算した金額が、“8万8,000円以上”...

≫続きを読む

アルバイトの所得税【主婦パートではどうなる?】

妻の年収が130万円を超えると、社会保険料を支払ううえ、141万円を超えれば配偶者特別控除もなくなってしまう。妻の収入が150万円のときは、収入は21万円アップ...

≫続きを読む

アルバイトの所得税【掛け持ちの際の税金はどうなる?】

よくわからないから、申告をしなかったり、差し引かれているから良いだろうと放置すると、後々、税金未納として問題になったり、複数のお仕事を掛け持ちしている場合は、余...

≫続きを読む

アルバイトの所得税【乙欄甲欄は何を記入すればいい?】

月額表には、「甲欄」、「乙欄」があります。給与計算を行う人ごとに、甲欄、乙欄のどちらの税額を使って、源泉所得税が決定されます。パートやアルバイトに、給与を支払う...

≫続きを読む

アルバイトの所得税【副業でした場合計算はどうなる?】

アルバイトをして得る収入は『給与所得』になります。給与所得であると、年末にアルバイト先から『源泉徴収票』をもらうことになります。源泉徴収票は本業の会社からももら...

≫続きを読む

アルバイトの所得税【学生は給料が多いと勤労学生控除?】

勤労学生控除は合計所得収入130万円以下の働く学生なら誰にでも受けられます。高校、大学、高等専門学校、専修学校はもちろん、職業訓練学校や小学校、中学校、夜間学校...

≫続きを読む

アルバイトの所得税が引かれてない?なぜどうして?

所得税の給料天引きは「源泉徴収税額表」に記載されている額です。その表は「甲欄」「乙欄」があり、本業のほうは「甲欄」で88000円未満なら所得税は0円ですが、副業...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク