アルバイトの所得税【主婦パートではどうなる?】

スポンサーリンク




アルバイトの所得税【主婦パートではどうなる?】

妻の年収が130万円を超えると、社会保険料を支払ううえ、141万円を超えれば配偶者特別控除もなくなってしまう。
妻の収入が150万円のときは、収入は21万円アップしているにもかかわらず、夫婦の手取りは、妻の収入が129万円のときより、むしろ減ってしまいます。

 

主婦の方でのパート代年収の壁は103万円と130万円の二つがあります。それぞれの壁を突破することでどんなことが起こるのかを説明していきます。問題ない!ということでしたら超えて構いませんが、問題だ!というのであればそれ以下の金額で働くようにしましょう。

スポンサーリンク




主婦パートも、控除額が減る=夫の所得税額が増えるので注意。所得税が増える額は夫の収入によって違います。夫の年収が多ければ多いほど、ダメージ=夫の所得税の増加が大きくなります。

 

主婦の方がパートに出て働く場合、自分自身に「所得税」や「住民税」がかかるのかどうか、また夫が負担する「税金」や勤務先から支給される「手当」などが不利にならないかどうかなど、事前に把握しておくことが必要です。

 

この103万円というのはアルバイト、パートに限りません、役員でも会社員でも同じです。

 

業績があまりよくないときには社長の給与を8万円くらいにすることもありますので年間の合計が100万以下になることもありえます。すると社長でも税金はかからないのです。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

アルバイトの所得税【年金受給者が働くとかかるのか?】

「確定申告」は、あくまでも「所得を申告して所得税の精算を行う【税金の】手続き」ですから、「年金の受給額」とは【無関係】です。「年金受給者」は、【一定の条件を満た...

≫続きを読む

アルバイトの所得税【毎月の給料から天引きされる?】

源泉徴収とは、毎月の給料から天引き(自動で引かれる)所得税のことをいいます。「毎月のアルバイト代」から「社会保険料」を引き算した金額が、“8万8,000円以上”...

≫続きを読む

アルバイトの所得税【主婦パートではどうなる?】

妻の年収が130万円を超えると、社会保険料を支払ううえ、141万円を超えれば配偶者特別控除もなくなってしまう。妻の収入が150万円のときは、収入は21万円アップ...

≫続きを読む

アルバイトの所得税【掛け持ちの際の税金はどうなる?】

よくわからないから、申告をしなかったり、差し引かれているから良いだろうと放置すると、後々、税金未納として問題になったり、複数のお仕事を掛け持ちしている場合は、余...

≫続きを読む

アルバイトの所得税【乙欄甲欄は何を記入すればいい?】

月額表には、「甲欄」、「乙欄」があります。給与計算を行う人ごとに、甲欄、乙欄のどちらの税額を使って、源泉所得税が決定されます。パートやアルバイトに、給与を支払う...

≫続きを読む

アルバイトの所得税【副業でした場合計算はどうなる?】

アルバイトをして得る収入は『給与所得』になります。給与所得であると、年末にアルバイト先から『源泉徴収票』をもらうことになります。源泉徴収票は本業の会社からももら...

≫続きを読む

アルバイトの所得税【学生は給料が多いと勤労学生控除?】

勤労学生控除は合計所得収入130万円以下の働く学生なら誰にでも受けられます。高校、大学、高等専門学校、専修学校はもちろん、職業訓練学校や小学校、中学校、夜間学校...

≫続きを読む

アルバイトの所得税が引かれてない?なぜどうして?

所得税の給料天引きは「源泉徴収税額表」に記載されている額です。その表は「甲欄」「乙欄」があり、本業のほうは「甲欄」で88000円未満なら所得税は0円ですが、副業...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク