アルバイトの所得税まとめ

スポンサーリンク




スポンサーリンク




アルバイトの所得税まとめ記事一覧

アルバイトの所得税【年金受給者が働くとかかるのか?】

「確定申告」は、あくまでも「所得を申告して所得税の精算を行う【税金の】手続き」ですから、「年金の受給額」とは【無関係】です。「年金受給者」は、【一定の条件を満たすと】「確定申告はしなくてもよい」ことになっています。「住民税」には申告不要制度はありません。所得税が出ない額で納めたいなら、年間給与総額を...

≫続きを読む

アルバイトの所得税【毎月の給料から天引きされる?】

源泉徴収とは、毎月の給料から天引き(自動で引かれる)所得税のことをいいます。「毎月のアルバイト代」から「社会保険料」を引き算した金額が、“8万8,000円以上”の場合、一定のルールに基づいて金額が引かれます。お給料から源泉徴収された毎月の所得税合計額と1年間の納めるべき所得税額の差額を精算するための...

≫続きを読む

アルバイトの所得税【主婦パートではどうなる?】

妻の年収が130万円を超えると、社会保険料を支払ううえ、141万円を超えれば配偶者特別控除もなくなってしまう。妻の収入が150万円のときは、収入は21万円アップしているにもかかわらず、夫婦の手取りは、妻の収入が129万円のときより、むしろ減ってしまいます。主婦の方でのパート代年収の壁は103万円と1...

≫続きを読む

アルバイトの所得税【掛け持ちの際の税金はどうなる?】

よくわからないから、申告をしなかったり、差し引かれているから良いだろうと放置すると、後々、税金未納として問題になったり、複数のお仕事を掛け持ちしている場合は、余分に差し引かれたままという状況もあります。掛け持ちをしておらず、1ヶ所のバイト先で年末調整を行なっている場合には、確定申告は基本的には不要で...

≫続きを読む

アルバイトの所得税【乙欄甲欄は何を記入すればいい?】

月額表には、「甲欄」、「乙欄」があります。給与計算を行う人ごとに、甲欄、乙欄のどちらの税額を使って、源泉所得税が決定されます。パートやアルバイトに、給与を支払う際に源泉徴収する税額は、一般の社員と同様に「給与所得の源泉徴収税額表」の「月額表」又は「日額表」の「甲欄」又は「乙欄」を使って求めます。給与...

≫続きを読む

アルバイトの所得税【副業でした場合計算はどうなる?】

アルバイトをして得る収入は『給与所得』になります。給与所得であると、年末にアルバイト先から『源泉徴収票』をもらうことになります。源泉徴収票は本業の会社からももらうことになりますので、2枚の源泉徴収票を元に、確定申告を行わなくてはなりません。確定申告書の2枚目は役所に回って住民税の計算に使われます。確...

≫続きを読む

アルバイトの所得税【学生は給料が多いと勤労学生控除?】

勤労学生控除は合計所得収入130万円以下の働く学生なら誰にでも受けられます。高校、大学、高等専門学校、専修学校はもちろん、職業訓練学校や小学校、中学校、夜間学校、通信教育などの学生も受けられます。学生アルバイターもフリーターも、一定の金額を超えれば、働いて稼いだお金には「税金」がかかります。アルバイ...

≫続きを読む

アルバイトの所得税が引かれてない?なぜどうして?

所得税の給料天引きは「源泉徴収税額表」に記載されている額です。その表は「甲欄」「乙欄」があり、本業のほうは「甲欄」で88000円未満なら所得税は0円ですが、副業分は「乙欄」なので金額にかかわらず引かれるはずです。源泉徴収とは年末に年収が確定する前に月給から税金を先に取られるシステムです。基本的に年収...

≫続きを読む

スポンサーリンク




スポンサーリンク


スポンサーリンク