源泉徴収票28年のエクセルダウンロード場所はどこ?

スポンサーリンク




源泉徴収票28年のエクセルダウンロード場所はどこ?

給与所得の源泉徴収票エクセル(平成28年分以降)(Download Contentsページはこちらになります。)
http://tax.mykomon.com/download_contents.html

 

28年以降に対応する手書き版のエクセル用紙は国税庁HPこちらから取得することができます。下記に給与所得と退職所得に分けてリンクを貼っておきます。
⇒ 平成28年以降の給与所得の源泉徴収票の用紙(手書き版)
⇒ 平成28年以降の退職所得の源泉徴収票の用紙(手書き版)

スポンサーリンク




会社から給料をもらえば誰でも源泉所得税の一部が戻ってくるわけではありません。
平成28年分の年末調整を受けるためには大前提があります。それは「扶養控除等申告書」の提出が必要ということです。

 

2016年(平成28年)の源泉徴収票には、マイナンバー(法人番号と個人番号)が必要です。自分だけではなく、扶養親族のマイナンバーも必要となります。早めに確認しておきましょう。

 

納税の義務としての確定申告を期限内に行えなかった場合、正当な理由がなければ「延滞税」と「無申告加算税」が加算されます。
期間内に行なう確定申告であれば、e-Taxや郵送という手段も選択できますが、期限後申告の場合は加算税分を支払わなければならないです。

 

「納め過ぎた税金を取り戻すための確定申告=還付申告」を1月から行なうことができることは、意外と知られていません。払い過ぎた税金をなるべく早めに受け取りたい場合は、早めに申告することをおすすめします。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

源泉徴収票28年【いつもらえる?一般的にいつ?】

源泉徴収票とは1月から12月までに支給される給料の合計額等が記載されます。ですので、12月中に支給される給与の額が決定後に作成することができます。会社によって1...

≫続きを読む

源泉徴収票28年【マイナンバー制度で変わる?】

2016年(平成28年)からスタートしたマイナンバー制度にともない、一定の税務関係書類については、提出時にマイナンバーの記載が必要になりました。このため、多くの...

≫続きを読む

源泉徴収票28年【用紙に変更がある?】

源泉徴収票は28年から用紙に変更があります。手書きの人もパソコンの人も、28年以降の源泉徴収票のの用紙は大きさも記載内容も違うので注意しないといけません。用紙の...

≫続きを読む

源泉徴収票28年【退職者が出た場合は?】

給与分は、「給与所得の源泉徴収票」退職手当を渡すときには、「退職所得の源泉徴収票」 です。これら、本人への交付分にはマイナンバーを書かないで渡します。源泉徴収票...

≫続きを読む

源泉徴収票28年のエクセルダウンロード場所はどこ?

給与所得の源泉徴収票エクセル(平成28年分以降)(Download Contentsページはこちらになります。)http://tax.mykomon.com/d...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク