源泉徴収票28年【退職者が出た場合は?】

スポンサーリンク




源泉徴収票28年【退職者が出た場合は?】

給与分は、「給与所得の源泉徴収票」退職手当を渡すときには、「退職所得の源泉徴収票」 です。
これら、本人への交付分にはマイナンバーを書かないで渡します。

 

源泉徴収票の様式とほぼ同じで、給与支払報告書と名称をかえ、住民税計算のために従業員の住んでいる自治体へ提出する事務があります。
個人番号は、必要ではない時に入手してはだめなので、もし不要だとわかったら速やかに廃棄することになります。

スポンサーリンク




平成28年中に退職者が出た場合、退職者のマイナンバーが分からない、平成28年分の源泉徴収票や給与支払報告書が作成できなくなってしますからです。今年の年末調整時には、あらかじめ従業員に平成28年分扶養控除等申告書を作成・提出してもらうことが必要となるでしょう。

 

2016年にはいって退職者が出た場合には「退職所得の源泉徴収票」を退職後1カ月以内に作成しなければなりません。
平成28年(2016年)1月1日を退職日とする従業員が発生した場合、最短で平成28年(2016年)2月1日までにマイナンバーを記載した源泉徴収票を作成し、退職者へ交付する必要があるということになります。

 

正社員だった会社を辞めた退職者が、いい仕事が見つかるまでの間、アルバイトをしたとします。
そんなときでも、給与所得の源泉徴収票は提出します。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

源泉徴収票28年【いつもらえる?一般的にいつ?】

源泉徴収票とは1月から12月までに支給される給料の合計額等が記載されます。ですので、12月中に支給される給与の額が決定後に作成することができます。会社によって1...

≫続きを読む

源泉徴収票28年【マイナンバー制度で変わる?】

2016年(平成28年)からスタートしたマイナンバー制度にともない、一定の税務関係書類については、提出時にマイナンバーの記載が必要になりました。このため、多くの...

≫続きを読む

源泉徴収票28年【用紙に変更がある?】

源泉徴収票は28年から用紙に変更があります。手書きの人もパソコンの人も、28年以降の源泉徴収票のの用紙は大きさも記載内容も違うので注意しないといけません。用紙の...

≫続きを読む

源泉徴収票28年【退職者が出た場合は?】

給与分は、「給与所得の源泉徴収票」退職手当を渡すときには、「退職所得の源泉徴収票」 です。これら、本人への交付分にはマイナンバーを書かないで渡します。源泉徴収票...

≫続きを読む

源泉徴収票28年のエクセルダウンロード場所はどこ?

給与所得の源泉徴収票エクセル(平成28年分以降)(Download Contentsページはこちらになります。)http://tax.mykomon.com/d...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク