源泉徴収票28年【いつもらえる?一般的にいつ?】

スポンサーリンク




源泉徴収票28年【いつもらえる?一般的にいつ?】

源泉徴収票とは1月から12月までに支給される給料の合計額等が記載されます。ですので、12月中に支給される給与の額が決定後に作成することができます。

 

会社によって12月中にもらえたり1月になってしまったりと確定していない状況です。
確定申告の時期はまだ先ですので1月にもらっても十分間に合いますので焦らないでください。

スポンサーリンク




平成28年1月支給の給料から天引きされる源泉所得税額が、割安なほう(甲欄)が適用され、1月支給分の手取り額が、多くなります。
平成28年1月〜12月全体では、平成28年12月の年末調整で、確定所得税額に沿って、源泉所得税の精算がされるので、損も得もなくなります。

 

源泉徴収とは、企業が社員の所得税を毎月の給料から差し引いて支払う方法です。
年末に源泉徴収の不足分や過払い分を調整します。

 

いわゆる年末調整です。

 

年末調整の結果が源泉徴収票ということになるので12月末から1月末というわけです。

 

再発行する場合も、あなたが働いていた職場に再発行を依頼して入手しなければならない。
他の場所(例えば市区町村の役所など)からは源泉徴収票の再発行はできないです。

 

紛失した場合は、それを発行した会社にもう一度お願いすれば再発行が可能です。
会社によっては所定の書類の記入を求められる場合があるが、通常すぐに再交付してもらえるはずです。

 

税務上で規定されている一定の取引では、支払額総額を相手先(この場合はそこで働いている人)に支払うことはできず、所得税を天引きしなくてはいけません。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

源泉徴収票28年【いつもらえる?一般的にいつ?】

源泉徴収票とは1月から12月までに支給される給料の合計額等が記載されます。ですので、12月中に支給される給与の額が決定後に作成することができます。会社によって1...

≫続きを読む

源泉徴収票28年【マイナンバー制度で変わる?】

2016年(平成28年)からスタートしたマイナンバー制度にともない、一定の税務関係書類については、提出時にマイナンバーの記載が必要になりました。このため、多くの...

≫続きを読む

源泉徴収票28年【用紙に変更がある?】

源泉徴収票は28年から用紙に変更があります。手書きの人もパソコンの人も、28年以降の源泉徴収票のの用紙は大きさも記載内容も違うので注意しないといけません。用紙の...

≫続きを読む

源泉徴収票28年【退職者が出た場合は?】

給与分は、「給与所得の源泉徴収票」退職手当を渡すときには、「退職所得の源泉徴収票」 です。これら、本人への交付分にはマイナンバーを書かないで渡します。源泉徴収票...

≫続きを読む

源泉徴収票28年のエクセルダウンロード場所はどこ?

給与所得の源泉徴収票エクセル(平成28年分以降)(Download Contentsページはこちらになります。)http://tax.mykomon.com/d...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク