個人事業主の経費【開業前の準備費用は必要経費になる?】

スポンサーリンク




個人事業主の経費【開業前の準備費用は必要経費になる?】

開業費という名称ですが費用の項目ではなく、繰延資産という資産の項目です。繰延資産とは、お金を出したことに対する効果が、その年だけではなく将来にも及ぶもの。そのため、繰延資産に該当するものは、その年に全額を必要経費として計上するのではなく、その効果が及ぶ期間(償却期間)にわけて計上していきます。

 

開業年に一括で経費として計上するのではなく、5年間にわけて減価償却することが可能ですので、他の経費とはわけて申告をしていただくよう、ご注意ください。
減価償却の計算は、開業費だけでなく、高額な資産を購入した際にも行われます。

スポンサーリンク




打ち合わせにかかる費用の定義ですが、営業をすでに始めている企業であれば交際費や会議費などの勘定科目で計上される支払いになります。開業前であれば、これを開業費として計上できます。

 

開業前に支払った費用でも、伝票日付は開業日にします。摘要には、支払先・購入品目(支払理由)・支払日を記入します。領収証は後から照合がしやすいよう入力した順番に整理保存します。領収証をもらうときは、宛先や品目をきちんとお店に記入してもらうようにしましょう。

 

開業前でも1年以上使用する30万円以上のものは「開業費」ではなく「固定資産」として計上します。
例えば、パソコンなどプリンタなど継続的に使用し続けるものは固定資産になりそれぞれ決められた耐用年数によって減価償却していきます。

 

一方の個人事業主が開業前に購入した車についてですが、業務用に使い始めた時から固定資産として計上し、減価償却費として必要経費に計上することが出来ます。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

個人事業主 経費として家賃は使えるのか?

自宅を事務所としてお仕事をしているSOHOスタイルの個人事業主の方にとって気になるポイントの一つが自宅家賃の経費計上についてです。どのようなケースで、どれだけの...

≫続きを読む

個人事業主 経費のメリットとは?超おトクになる裏ワザ?

青色申告の場合、賃貸であれ持ち家であれ、オフィス兼としていれば、家賃や光熱費などを割合に応じて経費にできます。確定申告の際、給与所得、雑所得など他の所得があれば...

≫続きを読む

個人事業主の経費【領収書の賢いウラワザとは?】

手書きの領収書でもレシートでも、それが発行された際の具体的な内容をメモしておくと証拠能力が高まります。手書きの領収書で宛名(あてな)が「上様」である場合において...

≫続きを読む

個人事業主の経費【スーツ代金は経費として計上できる?】

営業系のお仕事などの方にとっては、お客様のところに行くにはスーツ着用が当たり前でしょう。普段の身だしなみをきれいにしておくことは、ビジネスマナーとして仕事をとる...

≫続きを読む

個人事業主は経費として保険料を経費にできる?

結論から言いますと『個人事業主は生命保険料を経費に参入することはできません』事業主自身の国民年金・国民健康保険の保険料…経費にはなりませんが「所得控除」に記入す...

≫続きを読む

個人事業主の経費【クレジットカード払いのものは?】

クレジットカードで事業用の買い物をする日に「事業主借」の勘定を起すのは誤りです。なぜなら、買い物をする日に生活主の預金や現金が動くわけではない、従って事業主の債...

≫続きを読む

個人事業主の経費【開業前の準備費用は必要経費になる?】

開業費という名称ですが費用の項目ではなく、繰延資産という資産の項目です。繰延資産とは、お金を出したことに対する効果が、その年だけではなく将来にも及ぶもの。そのた...

≫続きを読む

個人事業主の経費【赤字は3年間繰り越しできる?】

個人事業を開始した初年度や多額の設備投資をおこなった年度などでは、売上高よりもかかった経費の方が多くなり赤字になってしまうことがあります。赤字なのであれば、赤字...

≫続きを読む

個人事業主の経費按分はどれぐらい?

地代家賃をはじめ光熱費や通信費、月極駐車場代などの一部を経費として計上することができます。その際、自宅用と仕事用の按分が必要になりますが、明確な決まりがないため...

≫続きを読む

個人事業主 経費 いくらまで取り戻せるの?

高額商品はその費用を一括で計上することはできない。ですが1年一括で経費にできる金額は、白色申告ならズバリ10万円未満となり、勘定科目としては「消耗品」で計上しま...

≫続きを読む

個人事業主の経費【飲食代は果たして認められるのか?】

利益に貢献する支出の例としては、得意先との飲食代や慶弔費、飲食の際に利用したタクシー送迎のための支出、得意先とのゴルフなどが該当します。飲食代を交際費として計上...

≫続きを読む

個人事業主の経費【飲食店で食べたものは計上してもいい?】

飲食店と言えども、ビジネスでやっている以上は事業です。そのため、基本的には事業所得として扱われます。初めて確定申告をする人は、このことを頭に叩き込んでおけばとり...

≫続きを読む

個人事業主の経費【いつから開始になる?】

いつから計上できるのかの区切りとしては、基本的には毎年同じで2月16日?3月15日です。事業開始前に支出した関連費用は、商法上の繰延資産「開業費」に該当しますの...

≫続きを読む

個人事業主の経費【椅子は100%経費になる?】

仕事に必要な機材や消耗品は、すべて経費として認められます。パソコンや周辺機器、パソコンソフト、文房具、コピー用紙、仕事机や椅子、本棚等が挙げられます。10万円未...

≫続きを読む

個人事業主の経費【腕時計は仕事上使うから経費?】

「スーツ代、カバン代、くつ代、腕時計代、メガネ代」などの身だしなみを整えるためにかかる支払いについてです。結論から言いますと、これらはすべて経費になりません。残...

≫続きを読む

個人事業主 運転免許は経費として見てもらえる?

例えば「お店が山奥にあり車以外に通勤手段が無い!」というような場合でもない限り、必要経費にはなりません。通常は通勤手段として、車以外にも電車やバスあるいは自転車...

≫続きを読む

個人事業主 ウォーターサーバーは経費か?

事務所に設置して従業員が使用するという目的の場合であれば、福利厚生費または雑費として全額計上可能です。またお店を経営していてお客様へ提供する場合は、販売費または...

≫続きを読む

個人事業主の打ち上げは経費にできない?疑問を解決!

「取引先との親睦を深めることで、契約を継続したり、より大きな予算を組んでくれる可能性が高まり、利益につながる」ため、事業との関連性が認められるのです。お酒の有無...

≫続きを読む

個人事業主の経費【エアコン購入の仕分けは?】

消耗品費は業務を円滑に遂行するために使われる物品に関する費用のことです。20万円未満(法人は10万円未満)か使用可能期間が1年未満のものを言います。私用でも使っ...

≫続きを読む

個人事業主の経費で英会話の費用は経費になる?

業務に英会話が直接必要であるため英会話学校に通った場合には、その英会話学校の費用は“特定支出”となり、その費用が次の金額を超えた場合には、その超えた部分の金額は...

≫続きを読む

個人事業主の経費【延滞金はどれぐらい?】

所得税・住民税などは、事業主個人にかかる税金なので租税公課として経費処理はできません。また罰金や延滞税など、罰則的な意味合いの税金も経費として認められません。事...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク