アルバイト 源泉徴収票 もらえない場合は?

スポンサーリンク




アルバイト 源泉徴収票 もらえない場合は?

一見馴染みがないアルバイトにとっての確定申告。しかし場合によってはアルバイトでも確定申告が必要な場合があります。

 

アルバイトの賃金は、一般的に給与所得に当たるのですが、給料所得ではなくて報酬の場合だと、交通費や必要経費が認められて、確定申告で還付金が得られることがあります。

 

退職後速やかに源泉徴収票を発行する義務が事業所にはあります。
バイトであっても関係ありません。

スポンサーリンク




会社が年末調整をする際、原則、アルバイト分の源泉徴収票も必要になってきます。
理由は、年末調整は支払われた全ての給与が源泉徴収の対象になるからです。
支払われた給与に対して、正社員としての給与かアルバイトとしての給与かの違いなんて全くないのです。

 

ただ、アルバイトさんにもきちんと源泉徴収票を発行している会社がどれだけあるかというと、微妙なところです。
もちろん必ず発行しなければいけないのですが、会社の規模が小さかったり、アルバイト代が合計たったの数万円とかだったら、発行してくれていないケースも多々見受けられます。

 

日払いのバイトの場合、支払い額、すなわち給料によっては源泉徴収という形をとっていないこともあります。
日雇賃金用の源泉徴収税額表では日額表の丙欄を使って源泉徴収しますが、日給が9300円までは源泉徴収されないのです。

 

「源泉徴収票」や「年末調整にかかる書類提出のお知らせ」がいっこうに会社からこないために、自身で確定申告を行う必要性に気づかない派遣社員やパートアルバイトの方も、意外と多いようです。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

年末調整 前職 源泉徴収票 もらえない緊急の場合どうすれば?

信じられないことに、この源泉徴収票を発行してくれない会社というのが存在するようなのです。そのような場合は、納税地を所轄する税務署(通常は住民票のあるところ)に相...

≫続きを読む

アルバイト 源泉徴収票 もらえない場合は?

一見馴染みがないアルバイトにとっての確定申告。しかし場合によってはアルバイトでも確定申告が必要な場合があります。アルバイトの賃金は、一般的に給与所得に当たるので...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク