年末調整 前職 源泉徴収票 もらえない緊急の場合どうすれば?

スポンサーリンク




年末調整 前職 源泉徴収票 もらえない緊急の場合どうすれば?

信じられないことに、この源泉徴収票を発行してくれない会社というのが存在するようなのです。

 

そのような場合は、納税地を所轄する税務署(通常は住民票のあるところ)に相談に行き、「源泉徴収票の不交付の届出書」を提出してみましょう。

 

源泉徴収票というのは、給与所得者にとっては年収を証明する非常に重要な書類です。
したがって、給料を支払った会社や事業者は、その従業員・元従業員に対して、所得税法第226条により、必ず発行しなければなりません。

スポンサーリンク




勤務先で源泉徴収票が発行されない場合には、税務署に相談しましょう。指示に従って申告すれば確定申告が認められる可能性もあります。

 

前の職場から「源泉徴収票」をもらってないよっていう方もまれにいるかもしれませんね。通常、退職後一ヶ月以内に退職者に源泉徴収票を発行しなければならないのですが、なかには発行し忘れている会社もあるかもしれません。

 

ただし、税務署では「源泉徴収票の原本だけしかダメです」と言われて税金の還付を受けられなかったケースもありますし、受理されたケースもあり、対応がバラバラです。
源泉徴収票の発行は会社の義務ですが、「請求しづらい」とか「社長が電話に出ない」とか、難しい問題を抱えています。

 

源泉徴収票を請求したのに発行しないというのは所得税法違反にあたる。まずは連絡し、穏便に発行を促しましょう。
それでも対応してくれない場合は、「税務署や労働基準監督署に相談しますよ」と言えば慌てて送ってくるはずです。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

年末調整 前職 源泉徴収票 もらえない緊急の場合どうすれば?

信じられないことに、この源泉徴収票を発行してくれない会社というのが存在するようなのです。そのような場合は、納税地を所轄する税務署(通常は住民票のあるところ)に相...

≫続きを読む

アルバイト 源泉徴収票 もらえない場合は?

一見馴染みがないアルバイトにとっての確定申告。しかし場合によってはアルバイトでも確定申告が必要な場合があります。アルバイトの賃金は、一般的に給与所得に当たるので...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク