確定申告 住宅ローン控除 2017 必要書類はなに?

スポンサーリンク




確定申告 住宅ローン控除 2017 必要書類はなに?

給与所得控除後の金額を確認しなければいけないのは、住宅ローン控除の適用に合計所得金額3000万円以下という要件があります。給与所得者の場合、他に所得がなければ給与所得控除後の金額がこの合計所得金額にあたります。

 

確定申告をするには、必要な書類がいくつかあり、郵送で届くもの、自分で取得するものがあります。
1つでも漏れがあると書類作成が二度手間になりますので、事前に必要な書類をチェックして、準備しておくようにしましょう。

スポンサーリンク




 

必要書類は以下になります。

 

1.源泉徴収票 ※給与所得者のみ。
2.土地建物の登記簿謄本(登記事項証明書)の写し
3.土地建物の売買契約書、建築請負契約書の写し
4.住宅借入金の年末残高証明書
5.住民票の写し(取得した住宅の所在地のもの)
6.印鑑(シャチハタ以外)

 

これに加えて、住宅借入金等特別控除申請書に記載事項を記入した上で申請します。

 

毎年税務署から送られてくる「年末調整のための(特定増改築等)住宅借入金等特別控除証明書」と金融機関が発行する「残高証明書」を、勤務先での年末調整時に提出すれば大丈夫です。

 

これらの書類を入手するためには、直接税務署にもらいに行くか切手を貼った封筒を送って郵送してもらうかといった方法があります。
そして申告書に添付する書類は、自分で用意します。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

確定申告 住宅ローン控除 必要書類 マンションの場合は?

本来、税金を徴収する方が、分かりやすく計算して、「あなたの税金はこれだけです」と説明して納付してもらうことが筋だと思うのですが、国の考えは税金納付は国民の義務だ...

≫続きを読む

確定申告 住宅ローン控除 2年目 忘れてしまったら?

給与所得者の場合、2年目以降の住宅ローン控除や、生命保険料控除、地震保険料控除等は、年末調整で控除を受けることができます。うっかり忘れてしまったという場合もある...

≫続きを読む

確定申告 住宅ローン控除 2017 必要書類はなに?

給与所得控除後の金額を確認しなければいけないのは、住宅ローン控除の適用に合計所得金額3000万円以下という要件があります。給与所得者の場合、他に所得がなければ給...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク