確定申告 住宅ローン控除 必要書類 マンションの場合は?

スポンサーリンク




確定申告 住宅ローン控除 必要書類 マンションの場合は?

本来、税金を徴収する方が、分かりやすく計算して、「あなたの税金はこれだけです」と説明して納付してもらうことが筋だと思うのですが、国の考えは税金納付は国民の義務だから、手続きも義務と考えているのでしょう。

 

住宅ローン控除を初めて受ける年は、確定申告をしなければなりません。
まずは、「住宅借入金等特別控除額の計算明細書」の所定欄に必要事項を記入して、住宅借入金等特別控除額(住宅ローン控除額)を計算します。

スポンサーリンク




耐火基準適合書は、その家屋の取得日前2年以内にその証明のための家屋の調査が終了したものに限ります。
ただ、築年数20年以上の中古マンションに耐震基準適合証明書や住宅性能評価書がついている物件が少ないようです。

 

新築のマンションを購入した時に、必要な書類
は全部で5種類です。

 

1・源泉徴収票
2・住民票
3・住宅ローンの年末残高証明書
4・土地と建物の登記簿謄本
5・物件の不動産売買契約書(請負契約書)の写し

 

会社員などの給与所得者は、購入の翌年に確定申告して住宅ローン控除の適用を受けると、2年目以降については「年末調整」で手続きできます。

 

普通の確定申告は毎年2月15日から3月15日ですが、サラリーマンがマンションを買ったときはこれよりも早く確定申告することができます。
また、地域によっては税務署ではなく、違う場所が申告会場になることが多いので税務署で事前に確認しておくようにしましょう、電話ですぐに教えてくれます。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

確定申告 住宅ローン控除 必要書類 マンションの場合は?

本来、税金を徴収する方が、分かりやすく計算して、「あなたの税金はこれだけです」と説明して納付してもらうことが筋だと思うのですが、国の考えは税金納付は国民の義務だ...

≫続きを読む

確定申告 住宅ローン控除 2年目 忘れてしまったら?

給与所得者の場合、2年目以降の住宅ローン控除や、生命保険料控除、地震保険料控除等は、年末調整で控除を受けることができます。うっかり忘れてしまったという場合もある...

≫続きを読む

確定申告 住宅ローン控除 2017 必要書類はなに?

給与所得控除後の金額を確認しなければいけないのは、住宅ローン控除の適用に合計所得金額3000万円以下という要件があります。給与所得者の場合、他に所得がなければ給...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク