国民年金の免除の申請必要書類とは?知らないと恥をかくかも?

スポンサーリンク




国民年金の免除の申請必要書類とは?知らないと恥をかくかも?

必ず添付が必要なものとして、年金手帳(氏名の記載ページ)、または基礎年金番号通知書のコピー。また、失業などの特例制度を利用する場合は、失業した事実が確認できる雇用保険受給資格者証、または離職票のコピー。その他状況により下記の添付書類が必要です。

 

年金手帳(年金手帳がない場合は運転免許証、パスポート、健康保険証などご本人確認できる書類)
失業または廃業された方は下記のいずれかの書類(世帯主や配偶者が失業または廃業された場合は、その方についても必要です。) 写しも可。

スポンサーリンク




失業等により、学生納付特例申請を行なう場合は、雇用保険の「雇用保険受給資格者証」または「離職票」の写し等も必要になります。

 

ある程度の収入レベルの人であれば、あまり負担を感じる金額ではありませんが、収入が限られている人にとっては、大きな負担となります。
そこで、特に経済的に苦しい人に用意されているのが、保険料の全額免除制度です。

 

申請者本人、申請者の配偶者、世帯主の3名の方全員が、前年所得などの定められた基準に該当することが要件となります。
世帯主の所得が基準より多いために、申請免除が却下となってしまう20歳台の方には、本人と配偶者の所得要件で認められる若年者納付猶予制度があります。

 

申請される年度又は前年度において失業したことにより申請を行うときは、失業したことを確認できるもの(雇用保険受給資格者証や雇用保険被保険者離職票などの公的機関の証明書の写し)を添付してください。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

国民年金の免除で離職票は必須?その真実とは?

免除申請は離職票がなくてもできます。もちろん雇用保険に加入できなかった人については、他の証明書をつけることになりますが、雇用保険に加入していた人が失業した場合に...

≫続きを読む

国民年金の免除の分を追納するべき?あなたの知らない追納とは?

追納制度は免除制度を利用していた人が年金受給額を増やすため10年以内の免除分について支払いが出来る制度。もちろん、学生納付特例や若年者納付猶予だけでなく経済的に...

≫続きを読む

国民年金の免除の申請必要書類とは?知らないと恥をかくかも?

必ず添付が必要なものとして、年金手帳(氏名の記載ページ)、または基礎年金番号通知書のコピー。また、失業などの特例制度を利用する場合は、失業した事実が確認できる雇...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク