国民年金の免除で離職票は必須?その真実とは?

スポンサーリンク




国民年金の免除で離職票は必須?その真実とは?

免除申請は離職票がなくてもできます。
もちろん雇用保険に加入できなかった人については、他の証明書をつけることになりますが、雇用保険に加入していた人が失業した場合には、離職票や雇用保険受給資格者証(失業給付を受けている人)の写しの添付が必要となります。

 

特例免除は、申請する年度、または、前年度において、退職(失業)の事実がある場合に対象となります。
退職(失業)による特例免除の申請は、住民票のある市区町村役場に「国民年金保険料 免除申請書」を提出することで審査されます。

スポンサーリンク




今年退職された方は、本来であれば、前年は所得があるため、免除を受けることはできませんが、特例として、「雇用保険の離職票(あるいは受給資格者証)」があれば、『本人の前年の所得を0円』とすることができるのです。

 

離職票への記入欄に「離職理由欄」があります。事業主記入欄に加え離職者記入欄もあるため、退職理由をめぐって労使間でのトラブルとなることが多く見受けられます。

 

市区町村によっては持っていくものが違うかもしれないので二度手間にならないように必ず電話したほうがいいです。
もし年金手帳がない場合はその電話で相談しましょう。

 

退職した場合は20歳以上60歳未満の人が会社を退職した場合は、第2号被保険者から第1号被保険者への変更手続きが必要です。年金手帳と退職日の確認できる書類(退職証明書、離職票、社会保険(厚生年金)喪失連絡票など)をお持ちください。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

国民年金の免除で離職票は必須?その真実とは?

免除申請は離職票がなくてもできます。もちろん雇用保険に加入できなかった人については、他の証明書をつけることになりますが、雇用保険に加入していた人が失業した場合に...

≫続きを読む

国民年金の免除の分を追納するべき?あなたの知らない追納とは?

追納制度は免除制度を利用していた人が年金受給額を増やすため10年以内の免除分について支払いが出来る制度。もちろん、学生納付特例や若年者納付猶予だけでなく経済的に...

≫続きを読む

国民年金の免除の申請必要書類とは?知らないと恥をかくかも?

必ず添付が必要なものとして、年金手帳(氏名の記載ページ)、または基礎年金番号通知書のコピー。また、失業などの特例制度を利用する場合は、失業した事実が確認できる雇...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク