国民年金 未納まとめについてはこちら

スポンサーリンク




スポンサーリンク




国民年金 未納まとめについてはこちら記事一覧

国民年金 未納 追納するのは得?あなたが損しない秘訣とは?

一方、保険料の免除・猶予を受けた場合にも過去10年分の保険料を納めて年金額をアップさせることができます。これを保険料の追納といいます。免除や猶予を利用した人は、しっかり40年間保険料を納めた人よりもらえる金額は減ってしまいます。そこで、年金を受け取る条件を満たしていない人、しっかり年金をもらいたい人...

≫続きを読む

国民年金 未納 学生時代の未納分は?未納から守る免除制度!?

学生納付特例制度 を申請すると、保険料の納付を猶予してもらえます。基本的に学生は所得がないことが多いので、学生本人が一定所得以下のときは、社会人となってから保険料を納めるようにすることができます。近年は経済の停滞もあり、一人暮らしをしている学生は親からの仕送りが減ったりして、余暇以前に、学費や生活費...

≫続きを読む

国民年金 未納 特別催告状を無視?!それガチでヤバイ!?

自営業者だけでなく、サラリーマンや公務員も加入し、毎月納めている国民年金。20歳から60歳まで、日本の全ての働き手で支えている制度なのだが、生活困窮の理由などから、未納者が増加中なのも事実です。2014年の今年から年金の督促(とくそく)がとても厳しくなっている。日本年金機構から『特別催促状』が送りつ...

≫続きを読む

国民年金の未納で差し押さえられる?!失敗しない秘訣とは?

今までならばよっぽどのことがない限り、国民年金未納による銀行口座などの差し押さえなどは無かったのですが、最近では年金制度崩壊の危機を背景に年金の未納を厳しく取り立てているという話も耳に入ってきます。保険料を納付しない人に対して、この度強制徴収による資産の差し押さえが決定したようです。 対象は自営業者...

≫続きを読む

年末調整で保険料控除をする!しかし国民年金が未納じゃダメ?

社会保険料控除の対象となるのは、その年の1月1日から12月31日までに納付した保険料です。保険料の未納がある方は、年内に保険料を納付するようにしましょう。国民年金保険料や国民健康保険料等は、未納分であっても支払った日付を基準として控除を受けられます。本年中に支払ったものであれば、過去の年分のものであ...

≫続きを読む

国民年金が未納状態!?払えない場合コワイ通知がくるかも?

若いうちは「長生きするかどうかも分からないし…」と、あんまり必要性を感じないのでしょうね。ところが、歳を取ってくると欲しくなる、というかもらえないと困るのが年金です。しかしどうやら、未納状態を頑固に貫くのは危険な行為のようです。どうしても払えないなら、免除の手続きをするのが1番だと思います。払える場...

≫続きを読む

国民年金の未納はマイナンバーでバレやすくなる?その真相とは?

政府は、マイナンバーのメリットとして、「困っている人に適切なサービスを提供できる」「行政手続きが簡単になる」「サービスの不正受給を防止できる」などをあげています。今回、マイナンバーが導入されれば、バラバラに管理されている情報に同じ番号をつけることで、「同じ人の情報である」と行政側が把握できるようにな...

≫続きを読む

国民年金 未納 10年遡って収めることの出来る制度とは?

国民年金の保険料は毎月納めるのが基本ですが、もし、納め忘れがあった場合でも、通常、2年前まで遡って納めることができます。もし、それ以前にも未納の保険料がある場合は「後納制度」を利用できます。国民年金の保険料は原則2年が経過すると時効、つまり支払いを受け付けてもらえない、となっています。え?支払わなく...

≫続きを読む

国民年金の未納は時効で催促もこなくなる?ウソホントの真実

現在年金機構は未納解消の為に督促の架電について民間の債権回収会社に委託しています。ですから未納については督促の電話は来ます。督促されれば時効が中断して、時効までの期間が督促時から2年間延びるので、時効成立前に督促を繰り返せば永遠に時効にならないことになり延滞金(年14.6%)もどんどん加算されていき...

≫続きを読む

スポンサーリンク




スポンサーリンク


スポンサーリンク