住民税 控除 生命保険料控除が変わる?

スポンサーリンク




住民税 控除 生命保険料控除が変わる?

自分自身や家族のかたの為に支払った一般生命保険料、介護医療保険料、個人年金保険料がある場合は、次の方法により計算された金額を生命保険料控除として所得から控除することができます。

 

これまでは、死亡保障を中心とした生命保険を対象とした「一般生命保険料控除」と個人年金保険を対象とした「個人年金保険料控除」がありましたが、この二つにあらたに医療保険や介護関係の保険、「介護医療保険料控除」が新しく設けられました。

スポンサーリンク




平成25年度から、介護医療保険料控除が追加され、生命保険料控除が変更されました。いつ契約を締結したか、どのような生命保険かによって控除の計算が変わりますのでご注意ください。

 

「一般生命保険料控除」「個人年金保険料控除」の適用限度額が、所得税4万円・住民税2.8万円に変更となり、新設された「介護医療保険料控除」も同額となります。
制度全体での所得税の所得控除限度額が、12万円に拡充されます。住民税は限度額7万円のまま変更ありません。

 

控除を受けるには、サラリーマンであれば12月の給与前に”給与所得者の保険料等控除申請書”に、保険会社から送られてくる”生命保険料控除証明書”を勤務先に提出します。これにより、控除分に対する年末調整が行なわれます。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

住民税 控除 100万円に抑える方法以外は?

めでたく年収101万円というラインでパート勤務を上手く調整したのに、翌年度に住民税の通知書が来て「えっまじで?」となった経験がある人も結構いるのではないでしょう...

≫続きを読む

住民税 控除 生命保険料控除が変わる?

自分自身や家族のかたの為に支払った一般生命保険料、介護医療保険料、個人年金保険料がある場合は、次の方法により計算された金額を生命保険料控除として所得から控除する...

≫続きを読む

住民税 控除 退職や就職した場合の手続きは?

サラリーマンは毎月の給与から住民税が天引きされます。これを特別徴収といいますが、会社を退職すると(正確には給与支給がなくなると)、特別徴収はできなくなります。会...

≫続きを読む

年末調整 住民税 控除対象にならない?!

11~12月には「年末調整」という言葉をよく聞くと思います。もしかして、会社から「これ書いて下さいね」と書類を渡されても年末調整の意義がわからないばかりに「面倒...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク