住民税 控除 100万円に抑える方法以外は?

スポンサーリンク




住民税 控除 100万円に抑える方法以外は?

めでたく年収101万円というラインでパート勤務を上手く調整したのに、翌年度に住民税の通知書が来て「えっまじで?」となった経験がある人も結構いるのではないでしょうか?住民税の非課税範囲(所得割)は年収100万円がラインです。

 

住民税については、住民税(所得割)の非課税限度額が35万円ですので、パート収入が100万円以下でほかに所得がない場合は、住民税(所得割)はかかりません。
パート収入が100万円以下であっても、お住まいの市区町村によっては住民税(均等割)がかかる場合があります。

スポンサーリンク




所得が35万円以下なら均等割も所得割も0円、つまり住民税が非課税になります。

 

所得35万円は給与収入100万円(35万+給与所得控除65万円)となるため、給与収入が100万円以下なら住民税が0円になるのです。

 

前年中の収入が93万円を1円でも超えると、住民税の均等割(市区町村民税+都道府県民税)が課税されます。

 

主婦の給与所得を考えるときに、「103万円の壁」「130万円の壁」といったキーワードが使われる。「103万円の壁」とは、年収を103万円にするのか103万円超にするのかで大きな違いがあるので103万円が分かれ目となる「壁」と表現したものです。

 

所得税は、103万円以上の場合は正社員と同様に課税されますが、社会保険料の本人負担分や、社会保険に加入していない場合の国民保険の支払額、生命保険控除、配偶者控除などを差し引いた所得が0であれば、所得税は課税されませんよ。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

住民税 控除 100万円に抑える方法以外は?

めでたく年収101万円というラインでパート勤務を上手く調整したのに、翌年度に住民税の通知書が来て「えっまじで?」となった経験がある人も結構いるのではないでしょう...

≫続きを読む

住民税 控除 生命保険料控除が変わる?

自分自身や家族のかたの為に支払った一般生命保険料、介護医療保険料、個人年金保険料がある場合は、次の方法により計算された金額を生命保険料控除として所得から控除する...

≫続きを読む

住民税 控除 退職や就職した場合の手続きは?

サラリーマンは毎月の給与から住民税が天引きされます。これを特別徴収といいますが、会社を退職すると(正確には給与支給がなくなると)、特別徴収はできなくなります。会...

≫続きを読む

年末調整 住民税 控除対象にならない?!

11~12月には「年末調整」という言葉をよく聞くと思います。もしかして、会社から「これ書いて下さいね」と書類を渡されても年末調整の意義がわからないばかりに「面倒...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク