国民健康保険 扶養 自営業の場合は?

スポンサーリンク




国民健康保険 扶養 自営業の場合は?

自営業の場合、サラリーマンのような一般的な協会けんぽと厚生年金保険のような労使折半の社会保険ではなく、市区町村が運営主体の国民健康保険と国民年金に最低限加入することになります。

 

大抵の自営業の方は、国民健康保険と国民年金に加入されることになります。
ただし、健康保険については、同じ職業の方が集まって団体を作っておられる場合、その単位で「○○国民健康保険」という保険団体を作っておられる場合もあります。

スポンサーリンク




妻の年収が130万円以上になると第3号被保険者から外れ、自ら年金制度に加入しなければならなくなります。
しかし、国民年金には第3号被保険者というものがありませんので、自営業者の妻は、自ら国民年金保険税を支払い、国民年金に加入しなければなりません。

 

年収130万のラインを心配するのは、お父様が会社の健康保険や公務員の共済保険の場合です。
あとは扶養控除、健康保険ではなく税制上の扶養の話です。

 

扶養を超えて働くということは、会社員妻にとってはとても敷居が高い。
何しろ、100万円〜150万円ぐらいの税込年収では、働き損になってしまうからです。
でも、自営妻なら大丈夫。働き損はありません。

 

もし扶養を超えて働く場合、1つの会社で正社員で働くのが一般的。

 

サラリーマン時代にはわかりにくかったのですが、収入と所得は違います。扶養する人(私の場合は夫)の会社の事務も、自営業のケースに詳しくないため間違ったことを言うことがあります。そのせいで認められるものも認められなかったら損なので注意しましょう。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

国民健康保険 扶養 年末調整でよくやる勘違いとは?

年末調整や確定申告では社会保険料控除の申告をする際、国民健康保険税の納付額も所得控除の対象となります。年末調整で記入する社会保険料控除の種類は?自分や家族の国民...

≫続きを読む

社会保険 国民健康保険 扶養考え方に大きな違いがある?

会社に勤める人で「週30時間以上の勤務」だと社会保険(健康保険と厚生年金)に加入します。厚生年金は会社に「基礎年金番号」を提出して加入手続きをします。毎月の給与...

≫続きを読む

国民健康保険 扶養 自営業の場合は?

自営業の場合、サラリーマンのような一般的な協会けんぽと厚生年金保険のような労使折半の社会保険ではなく、市区町村が運営主体の国民健康保険と国民年金に最低限加入する...

≫続きを読む

国民健康保険 扶養 配偶者も子供も 祖父母も別々に税が?

国保は、会社や工場、官庁などの職場の健康保険に加入している方や後期高齢者医療制度に加入している方、生活保護を受けている方を除いた市民の方を対象に、市が運営してい...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク