社会保険 国民健康保険 扶養考え方に大きな違いがある?

スポンサーリンク




社会保険 国民健康保険 扶養考え方に大きな違いがある?

会社に勤める人で「週30時間以上の勤務」だと社会保険(健康保険と厚生年金)に加入します。厚生年金は会社に「基礎年金番号」を提出して加入手続きをします。

 

毎月の給与から保険料が徴収されますが、厚生年金と健康保険の違いは、この「扶養家族」です。

 

よく勘違いするのは、例えば旦那さんがサラリーマンで会社の社会保険に加入しているとします。そしてその奥さんが無職だった場合、旦那さんの扶養家族として奥さんも社会保険の保険証が発行されます。ただし、これは社会保険の話であって国民健康保険とは異なります。

スポンサーリンク




国民健康保険では、出産手当金や傷病手当金が支給されないということが大きな違いとして挙げられます。社会保険の場合には、各種給付金は要件を満たせば全て支給されます。

 

国民年金は保険料が一律ですが、厚生年金は給与の額で決り、会社が半額負担します。
年金は、国民年金は定額ですが、厚生年金は加入期間中の給与の額で決りますが、一般的には国民年金よりも高額が支給されます。

 

それぞれの料率をどうするかが、市町村によって千差万別です。
それに、あなたにどの程度の資産があるのか、扶養しているのが何人かによっても保険料は変化します。
ですから、自分がもし国民健康保険に入ったとしたら保険料がいくらになるのかは、市町村役場へ行って試算してもらわない事には全くわからないのです。

 

老齢・死亡・障害という給付の3本柱は厚生年金保険も国民年金も同じですが、給付に関しては、厚生年金の方が納付する保険料が一般的に高額になるため、いい内容になっています。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

国民健康保険 扶養 年末調整でよくやる勘違いとは?

年末調整や確定申告では社会保険料控除の申告をする際、国民健康保険税の納付額も所得控除の対象となります。年末調整で記入する社会保険料控除の種類は?自分や家族の国民...

≫続きを読む

社会保険 国民健康保険 扶養考え方に大きな違いがある?

会社に勤める人で「週30時間以上の勤務」だと社会保険(健康保険と厚生年金)に加入します。厚生年金は会社に「基礎年金番号」を提出して加入手続きをします。毎月の給与...

≫続きを読む

国民健康保険 扶養 自営業の場合は?

自営業の場合、サラリーマンのような一般的な協会けんぽと厚生年金保険のような労使折半の社会保険ではなく、市区町村が運営主体の国民健康保険と国民年金に最低限加入する...

≫続きを読む

国民健康保険 扶養 配偶者も子供も 祖父母も別々に税が?

国保は、会社や工場、官庁などの職場の健康保険に加入している方や後期高齢者医療制度に加入している方、生活保護を受けている方を除いた市民の方を対象に、市が運営してい...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク