マイナンバー 副業 確定申告をする必要があるのか?

スポンサーリンク




マイナンバー 副業 確定申告をする必要があるのか?

これまで確定申告をしなかったが、運よく会社にばれなかった、という方はかなり注意が必要です。これまでのようにはいかないのです。今後は必ず確定申告が必要となり、副業がばれないための手続が必要となります。

 

マイナンバー制度の導入で、メリット・デメリットがあるらしいですが、1番懸念されるのが副業がバレてしまうことです。

 

実際に20代から40代のサラリーマン世代の副業率は20%にも達すると言われています。
そのうち会社に内緒で副業に取り組んでいる人も多いです。

スポンサーリンク




確定申告を必ず自分で行うということです。情報の統一が確実に行われてきているこの時代に確定申告を自分で行わないということは今後は会社にバレてしまう原因になります。手渡しだからという方も要注意で、相手の会社の方が経費で落としたりすると自然とバレてしまう確率はグンとあがります。

 

給与所得者であれば、給料や退職金以外に20万円以上の副収入について確定申告をすることが義務付けられています。また、給料を2ヶ所以上の事業所から受け取って、副収入の合計が20万円を超えていても確定申告しなくてはなりません。

 

確定申告の対象となる金額は売上(専業・副業で懐に入ってきた金額)マイナス経費です。この金額が、専業なら38万円以上、副業なら20万円以上で確定申告が必要ということです。

 

確定申告を行なわなければ、税務署から所得税の追徴が来ます。
マイナンバーはアルバイト先にも提出しなければならないので、税務署は簡単に調べられます。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

マイナンバー 副業 確定申告をする必要があるのか?

これまで確定申告をしなかったが、運よく会社にばれなかった、という方はかなり注意が必要です。これまでのようにはいかないのです。今後は必ず確定申告が必要となり、副業...

≫続きを読む

マイナンバー 副業 手渡し人はバレないかも知れない?!

在宅(自宅)で副業を少しするだけなら大丈夫だとか、派遣社員として副業をするのであればばれないとか、そういうこともありません。手渡しで受け取る人も、自宅副業でお小...

≫続きを読む

マイナンバー 副業 個人事業主は節税ができなくなる?

脱税問題を語るときに、どこまでが、節税として許されて、これやりすぎだという線引きの問題なのですが、税務署に質問をすれば、当然、かなりギチギチな納税になりますし、...

≫続きを読む

マイナンバー 副業 所得税が収入の103万円以下ならバレない?

(1) 「103万円以下なら、所得税はかからない」(2) 「103万円以下なら、税金はかからない」サラリーマンで、給与や退職金以外の副収入が20万円以上ある人は...

≫続きを読む

マイナンバー 副業 いつまでに申請すればいいの?

マイナンバー制度が導入されようがされまいが、制度的には必ずばれるものです。もし今までばれていなかったのならそれはラッキーなだけです。今月から特別徴収が変わります...

≫続きを読む

マイナンバー 副業 株やFXが会社にバレる?

給与、株の配当、家賃など、誰かにお金を支払うと、そのお金を支払った会社や金融機関は、税務署に書類(「法定調書」と言います)を提出することになっています。この法定...

≫続きを読む

マイナンバー 副業 扶養に入っている場合は家族の分も会社に?

サラリーマンであれば会社に自分のマイナンバーを提出し、会社は源泉徴収や社会保険の手続きにおいて各社員のマインナンバーと会社に割り当てられた法人のマインナンバーを...

≫続きを読む

マイナンバー 副業 ヤフオク等のオークションもばれちゃう?

ヤフオクなどの個人売買、資産運用などで副業をやっている人は注意しなければなりません。個人取引も当然「収入」と判断され、申告しなければ脱税扱いになります。もしかし...

≫続きを読む

マイナンバー 副業 ばれる心配はあるのか?

なぜ、バレるのかと言いますと、給与の支払いや報酬の支払いなどお金が事業所から個人に渡ったときには、誰にいくら支払ったのか?を必ずする必要が出てきますし、誰にの部...

≫続きを読む

 

犬 胆泥 食事

スポンサーリンク


スポンサーリンク