確定申告 医療費控除 2017 対象となるものとは?

スポンサーリンク




確定申告 医療費控除 2017 対象となるものとは?

  1. 医療費控除の対象になる費用
  2. ?妊婦の定期検診の費用や産後の1ヶ月健診などの健診費用
  3. 出産のための入院・分娩費用
  4. 流産した場合の費用・中絶費用
  5. 不妊症の治療費や人工授精などの費用

 

医療費控除は確定申告の中で最も身近なものですが、誤解も多い制度です。その中でも多い誤解が「医療費控除は10万円から」という思い込み。申告すればいくらかの控除が受けられるはずが、その思い込みから申告をしていないというケースが見受けられます。

スポンサーリンク




医療費をクレジットカードで支払った場合も医療費控除の対象になります。
その場合は領収書がでないことも多いと思いますが、クレジットカードの明細書を保管しておいてください。

 

家族や親族のために支払った医療費をすべて合算した金額が医療費控除の対象として算入でき、還付のみを受ける場合は翌年1月1日から5年間、必要資料と合わせて最寄りの税務署へ確定申告書を提出することになります。

 

健康診断や人間ドッグ、健康維持や疲労回復のためのマッサージ代等は対象外となります。ただし、通院にかかった交通費(タクシー代等は除く)、歯科ローンの借入金のように意外と医療費控除の対象となるものもあるので漏れがないように注意が必要です。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

医療費控除 住民税 2017 どれくらい安くなるの?

住民税の還付金がいくら戻るかは、その人の税率により異なるので、家族の中で一番所得の多い人が申告すると、最も多くの還付金を受けることができます。年収の税率は10%...

≫続きを読む

医療費控除 2017 交通費も対象になるのか?

バスや電車賃は基本的にOKですが、病院の駐車場や車のガソリン代はNGです。タクシー代はあいまいで、タクシーでしか行けなかった場合にはOKで通常は認められません。...

≫続きを読む

確定申告 医療費控除 2017 出産一時金は対象になる?

現在は42万円の出産育児一時金があるので、なかなか医療費控除の対象になりにくくなっていますが、可能性がある場合は、しっかり領収書(レシート)類を保管しておきまし...

≫続きを読む

確定申告 医療費控除 2017 対象となるものとは?

医療費控除の対象になる費用?妊婦の定期検診の費用や産後の1ヶ月健診などの健診費用 出産のための入院・分娩費用 流産した場合の費用・中絶費用 不妊症の治療費や人工...

≫続きを読む

税務署 確定申告 医療費控除2017 期間とは??

還付申告は、還付のための申告書を提出できる日から5年間の期間内に行うことができます。この「還付のための申告書を提出することができる日」とは、その年の翌年1月1日...

≫続きを読む

医療費控除 予防接種 2017 バレるものなんですか?

予防目的は、一部の特殊な場合を除いて医療費控除の対象にはなりません。 特殊例で同居家族が法律で定める感染症に感染し、隔離措置を受けるような場合の予防措置は医療費...

≫続きを読む

確定申告 医療費控除 2017 人間ドックや健康診断費用も?

医療費控除は、病気や怪我などの治療に多額の経費を要した場合に、税の負担を軽減するものです。人間ドックその他の健康診断は疾病の治療を伴うものではないので、その人間...

≫続きを読む

 

犬 胆泥 食事

スポンサーリンク


スポンサーリンク