国税庁 医療費控除 確定申告 期限は?

スポンサーリンク




国税庁 医療費控除 確定申告 期限は?

医療費控除による還付が申告できる期限です。その有効期間は5年で、確定申告時の前年以前のものでも所得税が返ってきます。

 

医療費控除の対象となる人
@ 1年間の医療費の支払が10万円を超える人
A医療費の支払が10万円以下でも、合計所得金額の5%を超えている人

スポンサーリンク




医療費の控除は、かかった医療費から10万円(所得が200万円以下の場合、所得の5%)を差し引いた残りの1割が税金から還元されます。この10万円以上という金額は、生計を一緒にする家族全員の医療費を合わせたものです。

 

通院のためにかかった交通費も医療費控除の対象となります。ただし、基本的には電車やバスなど公共交通機関を利用した場合の交通費であり、やむを得ない場合を除いてタクシー代やマイカーのガソリン代などは控除対象にはなりません。

 

医療費控除は確定申告の中で最も身近なものですが、誤解も多い制度です。その中でも多い誤解が「医療費控除は10万円から」という思い込みです。
医療費がかかったかどうかは人それぞれで事情が異なり、勤務先の年末調整では対応できない。自分で確定申告する必要があるので、1年間に支払った医療費が一定額を超えた人は忘れずに申告したいですね。

スポンサーリンク




 

おすすめ記事

 

国税庁 医療費控除 確定申告 期限は?

医療費控除による還付が申告できる期限です。その有効期間は5年で、確定申告時の前年以前のものでも所得税が返ってきます。医療費控除の対象となる人@ 1年間の医療費の...

≫続きを読む

医療費控除 確定申告 期限 2017はいつ?

医療費控除は確定申告の際に行われるものなので、その期間は確定申告と同様に対象年の翌年2月16日〜3月15日までの1か月間です。確定申告によって、税金の還付の申請...

≫続きを読む

医療費控除 確定申告 期限 郵送で提出する方法

申告書を郵送又は信書便により税務署に送付するケース、通信日付印により表示された日数を提出日数とみなします(それ以外のケースには税務署に到達した日数が提出日数とな...

≫続きを読む

平成27年 確定申告 期限 郵送で税務署に送付する場合

申告に当たっては、申告書等を印刷の上、添付書類とともに郵送等により税務署に提出する必要があります。平成28年度分のものは直接税務署に提出するか、受付印が必要なこ...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク