確定申告 2017まとめ

スポンサーリンク




確定申告 2017まとめ

確定申告 2017まとめについての記事一覧です。

 

スポンサーリンク




確定申告 2017まとめ記事一覧

確定申告 2017 期間とは?

個人事業主のケースは、企業年度が1月1日?12月31日と決まっています。(会社のケースは自発的に決めることができます。)なので、2016年の1月1日?12月31日まで会計を記録して、その終わりをまとめて2017年の2月16日(木)?3月15日(水)の期間に提出することになります。個人事業主の確定申告...

≫続きを読む

確定申告 2017 いつから?

2017年(平成29年)の確定申告期限は以下のとおりです。2016年(平成29年)2月16日(木)?3月15日(水)確定申告の期日とは?確定申告とはその年の1月1日から12月31日までの収入を申告することです。その申告により、収入税額(会社のときは企業税額)が確定されます。ここで注意しなければならな...

≫続きを読む

確定申告 2017 帳簿をつけよう!

白色で確定申告するまでにやっておくことを説明します。初歩的なな帳簿付けや、領収証の保存など、白色申告するまでのあらましの時の流れをおさえておきましょう。企業のケースには決算日を自発的に決めることができますが、個人事業主のケースは12月31日が決算日と決まっています。なので、1月から12月までの期間は...

≫続きを読む

国税庁 確定申告 2017 作成方法とは?

国税庁の「確定申告等作成一角」を活用して作成しましょう!ちなみに「診療費控除」も家庭違い、診療グループ替わりに集計したデータを、おのおの入力していくだけで診療費控除金額が人力不要計算されます。私は父が去年、約半年入院し、以来は介護ご老体健康維持施設にお世話になっていますので、領収書も封筒一杯になって...

≫続きを読む

国税庁 確定申告 2017 用紙 医療費控除とは?

診療費控除は自分自身には関係無縁、と思っていませんか。共働きで健康保険証は別々だし、診療所に10万円も支払っていいないし…。でも、ちょっと待ってください。健康保障証が別々でも税法では診療費に合算できます。健康保険法の扶養家庭と税法うわての家庭の定義は異なるのです。ですから自分自身だけでなく、配偶者や...

≫続きを読む

確定申告 2017 サラリーマンはどうすればいい?

消費税金が増税となり、ビジネスマンの「特定支出控除」が適用されるかどうか、ますます注目されている動きにあるようです。「『特定支出控除』とは、役目遂行上必須な支出には税をかけません、というもの。そもそも『控除』には配偶者控除などいろいろな部類があるのですが、ビジネスマンであれば収入金額に応じて必ず受け...

≫続きを読む

確定申告 期限 2017年とは?

2017年(平成29年)の確定申告期間は、2017年2月16日(木)?3月15日(水)です。この期限内に、2016としつき1年度分の会計締めくくりを税務署へ報告(確定申告)します。2016年の中途から開業した人は、開業してから12月31日までの部分を確定申告となりますから急ぎましょう!また、確定申告...

≫続きを読む

確定申告!2017の医療費はどうすれば?

医療費控除とは自分自身又は自分自身と一緒に生活している配偶者やその他の親族のために療治費を支払ったケース、所得税の計算において課税の認識対象となる課税収益額を算出するにあたり一定の要件で収益控除の一種としてその年中(1月1日〜12月31日)にかかった療治費部分が控除されることをいいます。ご自身または...

≫続きを読む

確定申告!2017の医療費控除はいつから?

年ごとに、所得納税の確定申告の受付日数は決まっています。2月中旬〜3月中旬に設定されます。2017年(平成29年)の確定申告期間は、2017年2月16日(木)?3月15日(水)です。治療費控除を受けたいケース、ターゲットは収益税金となるのでこの時期に確定申告をしないといけません。なのですが、いくらか...

≫続きを読む

確定申告 2017の還付とは?

還付申告書は、確定申告シーズンとは関係なく、その年の新しい年1月1日から5年次提出することができます。としつきの最中で退職し再就職をしなかった給与純収益者のとき、確定申告をすると、給与から源泉徴収されていた収入収税が還付される可能性があることは広く知られています。還付金とは、収益課税の払込過ぎなどの...

≫続きを読む

確定申告を【2017】eTaxイータックスでやる方法とは?

e-Taxとは「申告・納税に関する国営オンラインサービス方式」の呼称で、オフィシャルネームを「国税電子申告・納税システム」といいます。e-Taxは2004としつきから運用が開始されていますので、過去に10年数もの運用結果があるのですが、実際の部分どうなのでしょうか。e-Taxを使えばサイドジョブなど...

≫続きを読む

確定申告 2017 株で20万以下の場合は申告不要?

20万以下の収益を出したケースでも、申告は是非にも欠く認識で大丈夫です。20万以下申告無用は国税のみの特例で、市民納税には関係ありません。要件に例外なく合って確定申告をしないケースは、別途、「市県民税金の申告」の必要性が浮上してきます。根株のもうけが19万だと仮定したら、「特定口座源泉あり」でいない...

≫続きを読む

確定申告 2017 用紙を入手するためには?

最初確定申告する人物は、何をどうやってどこに記入したらただしいのかもわからないものです。確定申告は専用の用紙が必須ですが、その用紙がどこにあるのかもわからない人物がかなりいらっしゃることも事実なんです。確定申告をするには、専用の用紙が不可欠です。ただ今はコンピューターでダウンロードして記入し、それを...

≫続きを読む

確定申告 2017の時期はいつごろから?

2017年に申告するのは2016年分(平成28年分)。確定申告の時期は2017年2月16日(木)?3月15日(水)までの1か月です。確定申告には報告書等が必須なので、2月の新しい年には必須資料の作成や計算等を始めましょう。税務署の開庁刻限は、月曜日〜金曜日までの8:30〜17:00までです。ところで...

≫続きを読む

確定申告 2017 サラリーマンの医療費控除は?

定められた医療費の使用が過多になると、確定申告で医療費控除しておきさえすれば節税をやってもらうことができます。収入所得者が確定申し込みで医療費控除をしてもらうケースでは、「医療費の明細書」の文書が求められるのです。今回に関しては、この医療費の明細書の執筆方法に関しまして、国税庁が具体的に冊子でお知ら...

≫続きを読む

確定申告 2017 サラリーマンの経費とは?

2013年に見直始めた指定支出控除控除エリアが、ビジネスに欠かせないライセンス取得費、あるいは冊子、定期刊行物、これ以外には制服、任務服、運営服など、労働に絶対必要なもの、交際費、接遇費などに対しても拡大し、業種に結びついて居るなら控除対象となるかも知れません。それに対し、仕事服、業務服の境界線、具...

≫続きを読む

確定申告2017サラリーマン医療費控除の必要書類と書き方

医療費控除の必要書類と執筆方法をチェック!設定された医療費の支出が過多になると、確定申告で医療費控除しておきさえすれば節税をやってもらうことができます。お給料所得者が確定申告で医療費控除をしてもらうというようなケース、「医療費の明細書」と「申告書のA様式」の資料が求められるのです。こちらでは、[申告...

≫続きを読む

確定申告 2017 個人の必要書類とは?

個人事業主は1月1日〜12月31日に向けての取り引きの結果を組み合わせて、次シーズンの2月中旬から3月中旬の状態で確定申告おこないます。確定申告のポイントは白色申告と青色申告の2個に個別になっており、個々人確定申告をもちまして差し出す必要不可欠資料が異なってきます。白色申告で見せるっていうものは、収...

≫続きを読む

確定申告 2017 個人で無職の場合はどうすれば?

1.年の過程で退社し、そっくりそのまま仕事をしていないまま12/31を行ったケース3月末までに退職してありのままで再び就職やらなかったケースでは、確定申告してしまうと、納めすぎた税を取り返すということが行なえます2.真っ最中に採用されたものの、年度末までに退職して、ありのまま12/31を行ったケース...

≫続きを読む

確定申告 2017 個人で年金は何所得?

年金は公式年金、個人的年金に左右されず雑所得となってきますから、一定金額を過ぎる多数の状況では、確定申告することが大切だと考えます。一定金額などというのは、給料収入が見られる方で12か月で20万円、求職中の方で12か月で38万円となります。こちらの収入額よりも大きいレベルの状況があるなら、確定申告す...

≫続きを読む

確定申告 2017個人で退職した人はどうすればいい?

“確定申告は、1/1から12/31に向けてのみなさんのお給料や必須経費にわたる情報をピックアップして申告するものになります。当該の1年に亘ってのチェックを次シーズンの2月中旬〜3月中旬の間隔状態で告げる状態になり考えられます。進行中に退社して、年末まで職無しが明らかにしていようがいまいが、時間内に申...

≫続きを読む

確定申告 2017 個人でもふるさと納税分は申告するべき?

今までのふるさと納税は、居住者税の10パーセントが控除の上限額でありました。残念なことに2016年になると2割合になってくるのです。ふるさと納税でわずらわしいという事は、次シーズンの開始するにあたり確定申告に手をつけることが求められるということなのです。税務署に顔を出す人はあんまり存在していないと言...

≫続きを読む

確定申告 2017 医療費控除の計算方法とは?

計算式で見せると医療費控除のご予算の計算式は下記のように考えられます。<医療費控除の額>(365日で払いこんだ医療費の合計金額)−(保険金額などによって補てん決まっている合計金額)−10万円(※)※365日所得が200万円以下のいずれかの人はその5%これらの医療費控除の合計金額は、税(所得税)をチェ...

≫続きを読む

確定申告 2017 医療費控除 必要書類はこれだ!

確定申告の時になくてはならないもの確定申告をスタートする場合なら次に挙げるものが求められます。給与所得の源泉徴収票(原本)(給料収入が充実している人)レシートなど医療費の消費を証明している資料医療費明細書医療費控除は自分以外の周囲皆対象となるレベルの事ではないはずなので、年末調整であるとすれば対象範...

≫続きを読む

確定申告2017 名古屋市の会場はこちら

合同会場(千種・名古屋中・昭和)合同会場(名古屋東・名古屋北・尾張瀬戸)合同会場(名古屋西・名古屋中村・熱田・中川)申告書の作成には時間を要しますので、早めにお越しいただくようお願いします。なお、会場の混雑により、案内を早めに終了する場合がありますのでご注意くださいね。2月・3月の所得税と消費税及び...

≫続きを読む

確定申告 2017 世田谷区の会場はこちら

管轄エリア:世田谷区のうち中央部地区平成28年分(2016年分)の所得税の確定申告期間2017年2月16日(木)?3月15日(水)所得税法において2月16日(還付申告の場合は1月1日から)から3月15日までに提出しなければならない旨を規定していますが、 通達において、2月16日より前に出された申告書...

≫続きを読む

スポンサーリンク




スポンサーリンク


スポンサーリンク